7年後の東京オリンピック開催ができない!?報道は減ったが、尖閣を巡る緊張感にかわりなし---『超訳小説日米戦争』から読み解く今の日本と世界

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」くにまるジャパン発言録より

邦丸: いきなりなんですが、佐藤さんがものすごい勢いで本を出し続けていらっしゃいますが、佐藤さんはご自分でこの本が何冊目かとカウントしたことありますか。

佐藤: いや、カウントしたことないです。

邦丸: もう数十冊を軽く超えていると思うんですけど。

佐藤: 50冊は超えていると思いますが、100冊は超えていないと思います。

超訳小説日米戦争
税込価格:1,680円
発売日:2013/9/
Amaoznはこちら

邦丸: その中で、翻訳ではなく『超訳小説日米戦争』という本がありまして、原本は大正9年に書かれていたものだそうですね。

佐藤: 大正9年当時の大ベストセラーです。

邦丸: 樋口麗陽さんという人が書いた『小説日米戦争未来記』を原本として、これを佐藤さんが“超訳”をされた。

佐藤: 大正時代の日本語だと、そのまま復刻してもちょっと読みづらいんですね。ですから現代でもわかるように翻訳するという作業が必要だったので、“超訳”ということにしました。

伊藤: 訳を超えると書いて、超訳なんですね。

邦丸: だから「肉食系男子」とか「草食系男子」とかいう言葉も出てくるんです。大正9年にこれを書いた樋口麗陽さんという人は作家でもあり、ジャーナリストでもある方なんでしょうか。

佐藤: この人の履歴を国会図書館で調べたんですが、1932年に亡くなったということしかわからないんですよ。ということは、これはペンネームだと思う。

邦丸: ああ、ペンネームね。

佐藤: 書かれた内容からすると、国際情勢にそうとう通暁していますから、当時の同盟通信社──共同通信、時事通信の前身ですね──の幹部、もしくは毎日新聞か朝日新聞の幹部でなければ、このぐらいの情報に接することはできなかったのではないかと思われます。

邦丸: その樋口麗陽さんがお書きになった『日米戦争未来記』という小説が描くのは、1990年代、つまり20世紀の終盤ですね。

佐藤: 1999年ぐらいを想定しているんです。そのときに日本とアメリカがついに戦争になる。そしてどういうふうになるかというシナリオなんです。

邦丸: 実際には大正9年の20年後には日米戦争に火が点いたんですけれど。佐藤優さんが訳すだけではなく、どうしてこういう書き方をしているのか、こう書いているウラには何があるのか、後半部分で解説をされているんですが、これを読んでいると、ちょっと待てよ、大正9年というと私の亡き父が産まれる前なのに、そんな時代に樋口麗陽さんは、当時の為政者や権力者、それも日本、アメリカ、ヨーロッパの国々の人たちの考えを非常によく描けているんですね。今とあまり変わらないじゃないかというところが随所に出てきます。

佐藤: 実際にはロシア革命がこれが書かれた3年後に起こるわけですが、この本ではレーニンとトロツキーが死んだ後はロシアは共産主義をやめちゃって共和国になるんだけれど帝国主義になる、と書かれています。それから日本の第一艦隊がハワイを占領すべく攻めたが、日本は大負けしてしまい、さて、本当のことを国民に言うかどうかと政府で協議して、やっぱり本当のことを言ったほうがいいだろうということで言ったら、国民が自暴自棄になっちゃってスパイ狩りが始まり、東京では不動産の投げ売りが始まる、と書かれていますよね。

邦丸: 後ほどこの本を読み解きながら、今の日本と世界というのはどうなのかというお話を佐藤さんに伺おうと思っています。