[プロ野球]
上田哲之「広島カープのCS初出場に思う」

 このところ、思いがけず知人から「おめでとうございます」と声をかけられる。
「えっ?」「クライマックスシリーズ(CS)、初出場なんでしょ。良かったじゃないですか」
 要するに、広島カープのCS進出を祝ってくださるのである。もちろん、気をつかっていただいて、ありがたい限りなのだが。と、つい奥歯にもののはさまったような言い方をしてしまう……。

 振り返ってみよう。広島が3位以上を確実なものにするのにポイントになったのは、9月14~16日の巨人3連戦である。今季の巨人戦は、それまで3勝12敗2分(この時点では、とてもCSで巨人と日本シリーズ進出を争う資格のある戦績とはいえない!)と大きく負け越していた。その巨人を本拠地マツダスタジアムに迎え、3連戦3連勝したのが大きかった。

 例えば3連勝目がかかった16日。試合は1-1の同点のまま8回裏を迎える。ここで巨人はセットアッパー山口鉄也が登板、先頭の丸佳浩がレフト前ヒットで出て、2番菊池涼介の内野ゴロで1死二塁。打席には、3番キラ・カアイフエ。ご承知のように、今年7月に鮮烈なデビューを飾って、8、9月のカープ進撃の原動力となった新外国人選手である。ただし、山口とは左対左。通常なら、そう簡単には打てない、と予想するのが自然だろう。

① インコース スライダー ファウル
② インロー ストレート ボール
③ インロー ストレート ボール
④ アウトロー スライダー ボール
⑤ インロー スライダー ライト前ヒット

 ちょっと山口らしくない、と感じませんか。左打者に3球ボールが続くとは。しかも、この痛烈な打球をライト長野久義が後逸して、二塁ランナー丸が生還。なおも1死三塁となって、4番ブラッド・エルドレッドはレフト前タイムリー。ここで山口はあえなく降板となった。代わった高木京介から小窪哲也がタイムリー、代打・上本崇司が押し出し四球で、一挙に5-1とリード。9回表に巨人が反撃したが、5-4で逃げ切ったのでした。あの巨人に対して、1-1から8回に一気に4点奪って勝負を決めるのだから、今のカープは強い、という証明のようなシーンだと言うことは可能だろう。CS進出も当然だ、と。キラが勝ち越しを呼び込むクリーンヒット を打ったのも、後半戦の勝負強さを象徴している。しかも、これで6連勝。