[ボクシング]
近藤隆夫「大晦日は、井岡一翔vs.ローマン・ゴンザレスが観たい!」

3年連続で大晦日に登場?

 毎年のことだが、季節は突然に変わる。つい数日前までの暑さが、スッカリと消え、夜、街を歩いているとジャケットを羽織っても肌寒く感じる。時が流れるのは速いもので、今年も、もう10月である。

 この季節になると、格闘技界の話題が大晦日決戦に集中するのが、数年前までは常だった。『PRIDE男祭り』『Dynamite!!』といったイベントで、どのようなスーパーカードが組まれるのかにファンは胸を躍らせた。

 だが現在は、大晦日に総合格闘技の試合が地上波でテレビ中継されることはない。イベント自体は昨年まで継続されてきたが、今年はどうなるのか?

 その総合格闘技に替わって大晦日にビッグイベントを開催しているのがプロボクシングである。昨年に続いて今年も、TBS、テレビ東京が除夜の鐘を聞く前に、世界戦を放映する可能性が高い。まだ正式発表こそされていないが、TBSは3年連続で井岡一翔の試合をオンエアすることになるだろう。

ライトフライ級では世界戦3連続KO勝利。「ライトフライ級にいる以上、王座の椅子には僕のスペースしかない」と自信をみせる井岡。

 一昨年はWBC世界ミニマム級王座の2度目の防衛戦(vs. ヨーグドン・トーチャルンチャイ=タイ、1RKO勝ち)。昨年はWBA世界ライトフライ級王座決定戦に挑み、メキシコのホセ・ロドリゲスに6RTKO勝ちを収めて2階級制覇を達成した。さて今年、井岡は、いかなるテーマを持って、誰と対戦するのか。

 井岡陣営は3階級制覇を視野に入れている。WBA、WBCだけではなく、IBF、WBOの世界王座への挑戦も可能となったことから、対戦相手の選択肢は広がった。井岡はミニマム級でWBA、WBCの王座を統一、ライトフライ級でも2度の防衛を果たしている。だから、3階級制覇に挑む資格は十分にある。