[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「うれしかった楽天・銀次、枡田の成長」

開幕前に感じた徳島の強さ

 愛媛は後期を23勝13敗4分と貯金10で終えました。しかし、優勝した徳島には及ばず2位。9月に入っての直接対決3試合を2敗1分と勝てなかったのが響きました。いずれの試合も接戦には持ちこんでいたものの、肝心な場面でバッテリーを含めた守りのミスが出てしまいましたね。勝負どころでのプレーで徳島との差が現われたと感じています。

 もともと今季の徳島は手強い相手になると予想していました。開幕前、4球団で一同に会した時点で、島田直也監督はじめ首脳陣の顔つきに自信がみなぎっていたからです。豊富な練習量で「いい準備ができた」という手応えがあったのでしょう。何年もリーグでプレーしている選手も多く、実際、戦ってみても徳島の野球はブレがありませんでした。前期も途中までは首位を走っていましたし、後期も7割を超える勝率を残してレベルの高さを見せつけたシーズンだったと思います。

 とはいえ、愛媛も優勝を目指して戦ってきたわけですから、「なぜ負けたのか」をしっかり検証する必要があるでしょう。個々をみれば、タイトルを獲得し、好成績を収めた選手もいます。先発の小林憲幸は2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲りました。前回も紹介した藤長賢司は打率.349で首位打者に輝き、高田泰輔は38盗塁を決め、盗塁王になっています。

 小林は昨年よりピッチングが安定し、進化しています。年齢を重ね、頭を使ったピッチングができるようになってきました。というより、これまでが野球をあまり知らなかったと言うべきかもしれません。千葉ロッテでも育成止まりで、フォームのこと、バッターとの駆け引き、といったプロで成功する上で大事な部分を身につける機会がなかったのでしょう。その意味では、まだ伸びしろがあるピッチャーです。今年で28歳になりますが、上を諦めず、成長を続けてほしいと思っています。

 高田に関しては後期に入って調子を上げ、出塁の機会も増えていました。ただ、彼には「盗塁王を目指せ」と指示したわけではありません。彼には「相手にダメージを与える有効な走塁をしよう」と話をしてきました。それは単に盗塁するだけではなく、状況によっては走るとみせかけて相手バッテリーを揺さぶることも含まれています。これらを自分なりに解釈しながら、盗塁を積み重ね、タイトルを獲った点は評価に値します。

 以前も紹介したように、かつての高田は打撃をアピールすることがNPBへの近道だと勘違いしていた面がありました。しかし、打つだけの選手は全国にたくさんいます。上を狙うには走攻守で高いレベルに達することが必要だと、昨季あたりから自覚したのでしょう。現時点で走塁と打撃はNPB2軍でもレギュラーを獲れると言っていいでしょう。今季でリーグ6年目。少し時間はかかりましたが、ようやくNPBで勝負できる力が備わってきました。