[サッカー]
大野俊三「新方式導入のJ、本当に大事なこと」

 Jリーグが大きな決断を下しました。2015年シーズンからの2ステージ制とポストシーズンの導入です。現行のままでは大幅な減益は避けられないというJリーグの緊急性は理解できます。ただ、私は1シーズン制を維持した方がよかったのではないか、というのが率直な感想です。やはり、最も多く勝ち点を稼いだチームが年間王者になることが、サッカーの本質であると考えるからです。

懸念されるクオリティーの低下

 新方式導入によって、Jリーグには約10億円の増収が見込めると伝えられています。そして、その収益をリーグのPR費や育成費に充てる。先々を見据え、子供たちを育成、日本のサッカーがさらに発展するための指針には私も大賛成です。

 ただ、今回はサポーターの意見ももう少し尊重してほしかったというのが正直なところです。現在、Jリーグは、残念ながら盛り上がりに欠けていると言わざるを得ない状況です。そこへ来ての新方式導入。Jリーグはスタート当初の2ステージ制を1シーズン制に移行した歴史があります。今回、再び2ステージ制を採用することに、単にシーズンの目玉をつくりたかっただけなのでは、と思うサポーターも多いのではないでしょうか。

 新方式を導入するにあたって懸念されるのが、スケジュールの過密化です。ポストシーズンを導入するとなれば、例年の開幕時期を早める必要が出てきます。これは選手のシーズンオフ期間が短くなることを意味します。さらに、アジアチャンピオンズリーグ、ナビスコカップ、天皇杯、代表戦も組み込まれてくる。スケジュールの過密さは、選手のコンディションに影響し、ひいては試合のクオリティー低下にもつながっていきます。これでは本末転倒です。

 大事なのは、サポーターやスポンサーが何を求めているかということです。スポンサーは、クラブに魅力があるからこそ、多額の費用を投じる。サポーターも同様に、汗水流して得たお金を使い、応援に訪れるわけです。仕組みを変えてインパクトを与えることも一手段ではありますが、魅力ある試合を増加させることこそが、再びJリーグを盛り上げるために必要だと思いますね。