雑誌
世界のリーダーたちが明かす「ニッポンの7年」
ダボス会議は日本礼賛で一色に

日本経済「黄金の7年」が始まる
日本にエールを送った「ダボス会議」創始者のシュワブ総裁〔PHOTO〕gettyimages

「われわれは今回、アジアは中国だけでないことを思い知った。アジアには日本があるのだ。日本はもはや、経済が停滞した"過去の国"ではない。アベノミクスで完全に復活した。その上、2020年にはオリンピックまでやって来る。

 この偉大なる日本を、皆で称えようではないか!」

 日本酒が注がれたグラス片手にこう雄叫びを上げたのは、「ダボス会議」(世界経済フォーラム)創始者のシュワブ総裁である。

「経済界のオリンピック」と言われるダボス会議は、毎年1月末にスイスの寒村ダボスで開かれているが、中国ブームが沸騰したことから、'07年から「夏のダボス」を、毎年9月に大連と天津で交互に開いている。今年も9月11日から13日まで大連で開かれ、李克強首相を始め、内外のVIP約1500人が参加した。

 日本のすぐ隣に世界の政財界のVIPが集結するというのに、「夏のダボス」ではこれまで、日本パッシングが甚だしかった。「ガラパゴス化した過去の国よりも、熱い13億人市場」というのが"世界の常識"だったからだ。'11年からは、日本も再び注目を集め出したが、それは「ツナミ(震災)とフクシマ(原発事故)でかわいそうなニッポン」という同情の声だった。

君はジャパンナイトを見たか

 それが今年は一変した。「夏のダボス」に合わせて、大連のホテルで「ジャパンナイト」と呼ばれる日本紹介イベントを催したところ、世界のVIPたちが殺到したのだ。主催した日本政府関係者が語る。