わかりやすい伝え方の法則
【第12回】わかりやすい文章を書くためには?

〔PHOTO〕iStockphoto

【第11回】はこちらをご覧ください。

今回は、<文章編>です。わかりやすい文章を書くために気をつけるべき7つのポイントをお伝えします。

これらのポイントを押さえるだけで、いつも文章が小難しくなってしまう人が、よく陥いる癖を避けることができます。知っていればすぐに活用できる「手軽なテクニック」ですので、ぜひ、意識して使ってみてください。

ポイント1) 言いたいことをストレートに書く

文章をわかりやすくしたければ、「言いたいことをストレートに書く」ことが重要です。日本語では、少し回り道をして柔らかく表現することが「よし」とされていることもあります。ですが、文章ではそれが「わかりづらさ」の原因になります。

たとえば、こういうことです。「結論はAになった」という説明をする時に、「Bの可能性もあったが、結局Cになりそうな雰囲気でも進んでおり、最後はAになった」と表現すると、聞き手はどう感じるでしょうか?スムーズには理解できないでしょう。

また、「私はXだと思う」と主張すべきところを、「私は、もちろんYの可能性も否定できないと考えてはいるが、いろいろと調査をした結果で、やはりZかな、とも感じるようになってきたが、Xだと思う」と表現すると、聞き手は混乱します。「結局、YとZは違うの?Xが結論でいいの?」と感じてしまいます。

なぜこのような紛らわしい文章になってしまうのか? それは、説明の中に「私情」や「注釈」を入れすぎているからです。次の文章を見てください。

私が立ち上げているビジネスは、インターネットを使った全く新しいサービスです。新しいと言っても、100%オリジナルではなく、既存のサービスからヒントを得て、改良を加えたものです。

もちろん誰もが思いつかない発明のようなものができればいいですが、そんなものは100年に数回起こるかどうかの非常に難しいものですからね。このサービスは数年間で年商100億円の売上に成長する可能性があります。もちろん、今は立ち上げ期ですから、まだ売上はほとんど立っていません。でも最初はどんなビジネスでもそうだと思います。

この中で、「既存のサービスからヒントを得て・・・」という箇所は必要がありませんし、「立ち上げ期だから今は売上が立っていない」というのは、誰もが分かることです。

「新しいサービスで大きなビジネスになる可能性がある」ということを強調したいのなら、はっきり「新しいサービスで、年商100億円も目指せます」と言い切るべきです。

物事を説明していると、反論を恐れたり、詳細の説明がしたくなることがあります。しかしその結果、どうしても「入り組んだ表現」になり、説明の質を低下させてしまいます。

「入り組んだ表現」ではなく、「ストレートな表現」ができるようになる方法を、いくつか紹介します。これらのテクニックを意識すると、嫌でも表現が「ストレート」になります。

【注意点】文章に私情や注釈をやたらとはさむと、文章がわかりづらくなる!
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら