[MLB]
佐野慈紀「上原、期待膨らむポストシーズンでの活躍」

 メジャーリーグも日本のプロ野球もプレーオフ進出に向けて佳境に入っていますね。20日(現地時間)にはアメリカン・リーグ東地区のボストン・レッドソックスが2007年以来の地区優勝を決め、リーグでポストシーズン進出一番のりを果たしました。地区最下位に終わった昨季からの見事な復活と言っていいでしょう。その立役者となったのが、今季新加入した上原浩治です。田澤純一とともにリリーバーとしての活躍は、日本でも話題となっていますね。

 上原は23日現在、4勝1敗21セーブで防御率は1.12です。17日のボルティモア・オリオールズ戦で今季初黒星を喫するまで、27試合連続無失点、連続打者アウト記録は球団新記録の37人を数えました。こうした上原の活躍の主な要因は2つ挙げられます。チームが優勝争いしていること、そして自分自身にしっかりとしたポジションが与えられていることです。自分が結果を残すことで、それがチームの勢いにつながる。これが彼のモチベーションを上げているのです。表情を見ても、いかに気持ちが充実しているかが手にとるようにわかりますよね。

 上原は巨人時代から制球力に優れたピッチャーでした。今季はその制球力に磨きがかかっていますね。特に、確実にファーストストライクを取ることができるのが、上原のすごいところです。初球から厳しいコースでストライクを取れるからこそ、勝負が早く、球数を抑えることができます。相手にとっては考える余裕がなく、駆け引きすることができません。

 また、相手をよく研究していますね。バッターの嫌なところ、しかもギリギリのコースを狙っているのです。さらにストレートと同じ腕の高さからフォークボールがくるので、打者は思わず振ってしまいます。そして、フォークに落差があるからこそ、バッターの視線が低くなり、スピードは140キロそこそこでも、スピンがよく効いた浮き上がるようなストレートが来ると、スピード以上に威力を感じるのです。