[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「最下位からの立て直し」

 現在、1位・福井ミラクルエレファンツと2位・富山サンダーバーズとの差は、1.5ゲーム差。いよいよ今日25日の直接対決で、後期の北陸地区チャンピオンが決定します。福井にとってはシーズン最終戦でもあるこの試合、これまでやってきたことを全て出し切って勝利を引き寄せたいと思います。

 勝率2割5分で最下位だった前期から一転、後期は途中から首位の座を守り続けてきました。前期にあった迷いが、後期に入って徐々に整理され、選手たちがしっかりと集中して野球ができたことが一番の要因だったように思います。特に投手陣がそうでした。前期は先発をやったり抑えをやったりと、とにかくみんなでどうにかやり繰りをするというかたちをとっていました。しかし、後期はきちんと役割分担したことで迷いがなくなり、各投手が自分のポジションに専念することができたのです。

 そのポジションについて、首脳陣が一番悩んだのが、大西文晴(神港学園高-法政大-明石レッドソルジャーズ)のでした。昨季、彼は抑えとしてチームの地区優勝に貢献してくれました。その大西を抑えにし、関口貴之(小豆島高-東北福祉大-九州三菱自動車)とオリックスからの派遣選手である山崎正貴とともに、先発には藤井宏海(福井高-千葉ロッテ-三菱自動車岡崎)をもっていくか、それとも大西を先発にして藤井を後ろにまわすか……。彼のピッチングはチームに大きな影響をもたらすだけに、随分と悩みました。

 独立リーグであるBCリーグは、チャレンジする場です。そういう意味では昨季、抑えにまわった大西は勝てる試合で、しかも短いイニングしか投げることができませんでした。ですから今季は、大西にはより多くピッチングの場を与えたいという思いがありました。そして、藤井はプレーイングコーチとして、指導者の立場からも投手陣を引っ張ってくれています。その藤井には最も重圧のかかる最後のイニングを任せたいという気持ちがありました。そこで後期は大西を先発にし、藤井を抑えに固定させたのです。それがいい流れを生み出しました。

 一方、打線では4番・ジョニーにどうつなぐかが重要と考えていました。そこでキーマンとなったのが、森田克也(愛知啓成高-愛知学院大)です。彼は人一倍練習熱心で、バッティング技術もあり、とても信頼のおけるバッターです。後期の序盤は彼を5番にしていたのですが、チームで最も高打率を残していた森田にはチャンスメーカーになってもらいたいと、7月下旬から3番に上げたのです。それが、前期よりも打線がつながり始めた要因の一つです。

 そして、陰の功労者といえば、7月に石川ミリオンスターズから移籍してきた佐藤健太(日大三高-立正大)です。彼は18試合にしか出場しておらず、打率も1割4分6厘と成績はふるいませんでした。しかし、彼の存在はチームにとって非常に大きかったのです。彼が移籍してきたことで内野陣の競争が激しくなり、他の選手にいい刺激を与えてくれました。

 さらに彼はムードメーカーとしてもチームに貢献してくれました。佐藤は初回から最終回まで、大きな声で選手を迎えるなど、常にチームを盛り立ててくれました。自分が出場できなくても、チームのために本当に一生懸命なのです。彼のおかげでベンチの中が変わり、それもチームの勢いとなったことは間違いありません。