[裏方NAVI]
原健介(日本体育大学駅伝部コンディショニングトレーナー)<後編>「“追い風”となった箱根の向かい風」

「どうやら今日も向かい風みたいだぞ」
 日本体育大学駅伝部・別府健至監督はそう言って、原健介の肩をポンと叩いた。その表情には自信がみなぎっていた。原はその時、優勝を確信した。
「復路の朝、ロビーで監督に会ったら、笑顔なんですよ。『よし、今日も向かい風だぞ!』というような感じで。日体大にとって、向かい風は追い風だったんです」
 前年の19位からの大躍進。30年ぶりの総合優勝。それは“奇跡”ではなく、“狙い通り”だったのである。

優勝へのプロローグ

 2013年1月2日午前8時、号砲とともに第89回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)がスタートした。1区で先頭に立ったのは、史上初の往路5連覇を狙う東洋大学。日体大はトップと35秒差の7位につけていた。この時、日体大の優勝を予想した者は皆無に等しかったに違いない。だが、日体大の選手たちは自分たちの力を信じ切っていた。それはスタート前の様子からも垣間見られたという。

「その日は風が強くて、しかも向かい風でした。どの大学の選手も『この風、やばいよ』と不安な顔をしながらアップしていたんです。ところが、日体大の選手は、みんな落ち着いていました。後で聞いたら、心の中で『よし、きた!』と思っていたそうなんです」

 その自信は本番直前の合宿にあった。前回、同校としては史上最低の19位に終わった日体大は予選会に出場しなければならなかった。見事、トップ通過を果たしたものの、12月に行なう本番に向けた直前合宿の場所の確保に出遅れた。最後の調整に適した環境が確保できるような所の宿は、もう他の大学でいっぱいだったのだ。残っている中から候補に挙がってきたのは、伊豆大島にある宿だった。しかしそこは、走る環境としてはリスクが高い場所だった。

「そこのコースはアップダウンが激しく、地形的に強風が吹く場所なんです。ですから、うまくいけば非常にいい強化トレーニングになりますが、選手には負担が大きいので故障者が多く出る可能性もある。本番直前で故障者が出るのが一番怖いですからね。最初はどうしようか迷いました。でも、監督が『ここでやるぞ』と決断した。きっと選手は耐えられると思ったんでしょう。それだけ、1年間やってきことに自信があったんだと思います」

 案の定、合宿初日から強風に見舞われた。それでも、予定通りのメニューを課し、選手たちは黙々と消化していった。ひとりの故障者も出さずに迎えた最終日、仕上げの30キロ走が行なわれた。その日は前日からの低気圧で、船が出られないほどの強風が吹き荒れていた。
「朝起きて、外に出たら、もう立っていられないくらいの強風が吹いていました。これはさすがに30キロ走は中止かな、と思っていたら、監督は迷うことなく『やるぞ』と。そしたら誰ひとり遅れることもなく、全員が30キロ走を走り切った。後ろから追いかける車の中で、監督がボソッと言ったんです。『これ、勝てるかもな』って」

 その日の夜のミーティングで、別府監督は選手たちにこう言った。
「これだけ強くなったんだから、今年は優勝できるかもしれない」
 初めて監督の口から「優勝」という言葉が出た瞬間だった。
「それを聞いた選手たちの顔も、自信があらわれていましたね。他の大学と比べて、とかではなく、とにかく自分たちが強くなっているということを実感していたんだと思います」

 原は選手たちにこう激励した。
「これだけの風の中をオマエらは走り切った。BCT(ベース・コントロール・トレーニング)をやっても、風に耐えることができた。箱根にどんなに強い風が吹いても、この風を経験しているんだから怖いものはない。オマエらは負けないよ」
 こうして迎えた本番、日体大の思惑通りとなったのである。