テレビのヨミカタ
2013年09月25日(水) 高堀 冬彦

日テレと読売新聞がタッグを組んで『報道ステーション』に挑む!? 大型BSニュース番組『深層NEWS』がスタート

upperline

BS放送の視聴者が増え続けている。ビデオリサーチ社の視聴率調査では、BSの視聴率は「その他(地上波以外の視聴率)」としか表されないが、その数字は右肩上がり。ゴールデン帯に限ると、2009年度の「その他」は平均3%台だったが、2年後の2011年度は6.4%と倍増している。

そもそもBS受信の可能な世帯が急増した。2009年には50.9%にとどまっていたが、2012年末には72.5%に到達。そう遠くないうちに、BSの各番組の視聴率も、地上波の番組のように細かく発表されるようになるだろう。

CM収入も伸びている。地上波の民放キー局によるBS放送が始まったのは2000年12月で、長らく赤字が続いていたが、2007年度決算を境に全局が黒字転換を果たしている。

そのBSで、秋から大型ニュース番組が始まる。9月30日からのBS日テレ『深層NEWS』(月~金曜、午後10:00~同11:00)だ。放送時間帯はテレビ朝日『報道ステーション』の真裏。見る側にとっては、地上波だろうが、BSだろうが、それは関係のないことだから、地上波も巻き込んだ争いになるに違いない。

「メディア各社も目が離せない番組にしたい」

『報道---』には朝日新聞の論説委員がコメンテーターとして出演しているが、『深層---』はキャスター3人のうち2人が読売新聞の編集局次長と編集委員。つまり、「テレ朝・朝日新聞×日テレ・読売新聞」の全面戦争でもある。

意外かも知れないが、日テレが読売とタッグを組んで番組を作るのは、両社の長い歴史で初めて。日テレでは、過去に『読売新聞ニュース』や『読売新聞 は~い朝刊』などが放送されていた時期があるが、あくまで読売による紙面紹介の場であり、共同制作ではなかった。

次ページ 混成軍の初陣だけに、読売はエー…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ