オリンピック
東京五輪「皇室の政治利用」をめぐる首相官邸VS宮内庁の深刻な対立

 2020年夏季五輪の東京招致が決まり、日本列島は歓声に包まれた。その声にかき消されそうになりながら、福島第1原発の放射能物質汚染水漏れをめぐり、安倍晋三首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水による影響は完全にブロックされている」と語ったことへの追及は続く。

 もうひとつ、忘れてはならないことがある。高円宮妃久子さまがIOC総会でスピーチされたことだ。久子さまがスピーチに至るまでに首相官邸と宮内庁が激烈な駆け引きを演じた。この論争は天皇陛下や皇室の「政治利用とは何か」という重い課題を突き付けている。

久子さまを担ぎ出した官邸

 招致に携わった政府関係者は勝因のひとつに必ず久子さまを挙げる。そのスピーチもさることながら、総会前夜のレセプションで久
子さまのご活躍が際立っていたからだ。

 国際会議に場なれした安倍首相でさえ、猪谷千春IOC名誉委員に導かれ、各国委員に「よろしくお願いします」とあいさつするのが精いっぱいだった。他の政府関係者は「壁の花」となった女性のように立っているだけだったという。

 その中で、ただひとり、会場で蝶のように舞っていたのが久子さまだった。会場にいた政府関係者によると―。

「ヨーロッパやロシア、中東では親愛の情を示すため、最初に頬にキスをする。国によって2回だったり、3回だったりする。久子さまはそれを瞬時に見分けてキスをされていた。また、相手によっては右手をすっと出して、手の甲へのキスを求める。あんなことができる日本人は皇室以外にはいませんよ」

 たしかに、そんな社交界の儀礼に通じているのは皇室の方々だけであり、かつスポーツに限定すると日本サッカー協会名誉総裁などを勤められている久子さまだけだろう。16年五輪招致に失敗した招致関係者は敗因を「政府と皇室が前面に立たなかったこと」と分析し、今回は政府と皇室に全面的に協力するよう求めた。

 安倍首相は今年初めから積極的に動いた。外国首脳と会うたびに、自分の背広の胸に着けた招致バッジを外し、相手に着けてもらった。また、各国が求めること、たとえばロシアなら実現を目指している20年万国博覧会招致実現への協力をプーチン大統領との会談で内々に約束した。

 難航を極めたのは皇室の協力だった。安倍首相や菅義偉官房長官らはIOC総会に皇室が出席されるよう宮内庁に求め続けた。その結果、久子さまと三笠宮家の寛仁(ともひと)さまの長女彬子(あきこ)さまがIOC総会の開かれているときに、アルゼンチンのブエノスアイレスを訪問されることが8月15日の閣議で決まった。しかし、この時点で久子さまのスピーチは前提となっていない。

 その後も官邸は下村博文・文部科学相や杉田和博・官房副長官を宮内庁に派遣し久子さまのさらなる協力を求めた。この結果、久子さまが総会でスピーチされることが決まり、風岡典之・宮内庁長官は2日、宮内記者会の取材に「招致活動の一環と見られかねない懸念もあり、苦渋の決断だった」「両陛下もご案じではないかと拝察する」と語った。

 これに対し、菅官房長官は「宮内庁長官の立場で両陛下の思いを推測して言及したことは、非常に違和感を感じている」と批判。ただ、この時でも久子さまはスピーチ後は退席されることになっており、総会のプレゼンテーションに残られる、あの形になったのは総会直前だった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら