[ボクシング]
杉浦大介「カーン、ゴロフキン、それともパッキャオ?」

~メイウェザー、次戦の相手を予測する~
メイウェザー対アルバレス戦の興行収入は史上最高を記録。大成功のイベントとなった。

 5階級制覇王者フロイド・メイウェザーの輝かしいキャリアの中でも、最高傑作のひとつに数えられる見事なパフォーマンスだった。

 9月14日、ラスベガス――。“近年最大のファイト”と称されたメイウェザー対サウル・“カネロ”アルバレスのWBA、WBC世界スーパーウェルター級統一戦だったが、盛り上がりを見せたのは試合前までだった。

 蓋を開けてみれば、36歳を迎えても衰えを感じさせないスピード、スキルを誇るメイウェザーの圧勝。114-114でドローと採点したジャッジが嘲笑を浴びたほどで(あとの2人のジャッジは116-112、117-111)、現役最強王者は改めてその実力を印象づけた。

 ただ……そのメイウェザーの今後を考えていくと、魅力的な対戦者が豊富に残っているとは言えないのも事実である。カネロ戦で歴史的な大興行を成功させた後、独占契約を結ぶテレビ局の「Showtime」は次戦もビッグイベントに仕立てたいはず。その相手となるのは誰か、ここで候補となるボクサーをピックアップしていきたい。

スーパーライト級最強も時期尚早?

 ダニー・ガルシア
アメリカ/WBA、WBC世界スーパーライト級王者/27戦27勝(16KO)

 メイウェザー対アルバレス戦のセミファイナルでルーカス・マティセと対戦したガルシアは、ダウンを奪っての判定勝ちでアルゼンチンのパンチャーを見事に撃破した。「絶対不利」と予想された一戦で明白な勝利を飾ったことで、ガルシアは近未来のビッグマッチに大きく前進したと言ってよい。

不利の予想を覆してカーン、マティセを撃破したガルシアにはスリリングな魅力がある。

 これと言った武器がないがゆえに過小評価されがちだが、勝負強さとハートの強さで勝つ術を見出し続ける。エリック・モラレス、アミア・カーン、ザブ・ジュダー、そしてマティセといったビッグネームを連破したのだから、そろそろスーパーライト級最強の冠を与えられてもいいだろう。

 ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)契約下で、強力アドバイザーのアル・ヘイモンからサポートを受けている点もメイウェザーと同様。マッチメイク自体は容易であり、来年5月に予定されるメイウェザーの次戦の最有力候補はガルシアだと多くの関係者が考えているのも納得できるところではある。

 ただ、ガルシアはウェルター級での実績は皆無で、実力的にメイウェザーに太刀打ちできるとも思えない。9月14日のセミファイナルで全国に名を売ったとはいえ、今だに知名度不足は否めず。メイウェザー戦のペイ・パー・ヴューの購買数も100万件到達が精一杯だろう。200万件を突破したカネロ戦の後で、試合を放送する「Showtime」局はこのカードを承諾するだろうか。

 大一番に臨む前に、ガルシアはキース・サーマン、マルコス・マイダナ、ロバート・ゲレーロ、ポーリー・マリナージといったウェルター級選手たちを相手に経験を積むのが得策。映画「ロッキー」のアポロ対ロッキー(ガルシアもロッキーと同じフィラデルフィア出身)を彷彿とさせる“絶対王者対アンダードッグ”のタイトル戦実現は、その後でも決して遅くないように思える。