経済の死角

『情熱大陸』がAR三兄弟・川田十夢氏に密着! 番組史上初の専用アプリを開発し、自分が見たいAKB48を選べる「多視点放送」を生中継で実験する!

2013年09月22日(日)
upperline
テレビとスマホの連動アプリを開発した川田十夢氏

MBS(毎日放送)は、9月29日(日)放送のドキュメンタリー番組『情熱大陸』(23時15分~)で、AR(拡張現実)分野の最先端をいく開発ユニット「AR三兄弟」の長男・川田十夢氏に密着、「テレビの未来」という切り口で特集することを発表した。

今回、同番組は川田氏の協力のもと、番組史上初となる独自アプリを開発。去る12日、都内で会見を開き、番組の説明と川田氏によるアプリの一部実演を行った。

アプリ開発の背景について川田氏は、「テレビとインターネット、そしてスマートフォンの特性をぜんぶ使って、現在形で一番面白いことができないかと思って設計した」と説明した。

アプリをインストールすると、番組放送5分前(9月29日23時10分)に、スマートフォンに予告メッセージ(プッシュ通知)が届き、画面に予告編が流れる「番組予告タイマー機能」が起動する。

放送が開始すると、テレビに映る情報がリンク付の文字として時系列にスマートフォンに可視化される「ハイパーリンク文字放送」を体験できる。気になる情報があった場合、その文字をタップするとリンク先に飛ぶ仕組みだ。

視聴者の選択をテレビの本放送にも反映させる試み

最大の見どころは、番組後半で行われる「多視点放送」という実験的な試みだ。今回の放送のために、8月22日に東京ドームで行われたAKB48『恋するフォーチュンクッキー』のライブ映像を16台のカメラで収録。実際の放送では、アプリを通じて、スマートフォンをセカンドスクリーンにして映像が楽しむことができる。

次ページ 放送中、手元のスマートフォンは…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事