中国
中国経済の持続的発展と中国リスクの行方に世界中が注目! ~2013年「夏のダボス会議」レポート [その1]
[PHOTO] Getty Images

2013年"金秋"の大連---。

私にとっては、2007年以来、中国で7回目となる「夏のダボス」(9月11日~13日)への参加だった。

「ダボス会議」(世界経済フォーラム年次総会)は、毎年1月末にスイスの寒村ダボスで行われ、世界を代表する約2500人の政財学界の指導者たちが集まることから、「経済界のオリンピック」の異名をとる。このダボス会議では10年ほど前から、台頭する中国に対する話題が急増したため、2007年から、毎年9月に大連と天津で交互に「夏のダボス」が開かれるようになったのだ。

「多給更多収」の政治手法で大連にもたらされた「夏のダボス」

2007年9月初旬に、大連の周水子国際空港に降り立った時の光景は、いまも忘れられない。タラップを降りると、空港内に赤絨毯が敷かれ、大量の白いカーネーションで両側を飾った花輪の道が作られており、「ダボス会議参加者専用出口」と英語表記があった。それは、まるで結婚式のヴァージンロードのようだった。そちらへ足を向けると、妖精のようなブルーの制服を着た美女が「パスポート・プリーズ!」と微笑み、そのまま「ダボス専用AUDI」が待つ出口へと案内された。

ホテルへ向かう道路は、左側一車線が「ダボス専用車線」になっていて、スムーズなことこの上なかった。街路には「歓迎! ダボス会議」の英語の垂れ幕や広告が、あちこちに貼られていた。

街はピカピカに磨かれていて、ゴミ一つ落ちていなかった。これは中国では奇跡的なことだった。後に地元の人に聞くと、何と1ヵ月前から人民解放軍が総出で、大通りの掃除を行ったという。