[五輪・パラリンピック招致]
白戸太朗「オリンピックで日本は変われるか」

招致決定を祝いライトアップされた都庁

 9月8日、記念すべき東京オリンピック・パラリンピック開催が決定した。早朝から起きて、この瞬間をLiveで見ていた方も多かったのではないだろうか。正直、決定に対する反応の早さと大きさは、東京オリンピックに対する国民の期待の大きさ、注目度の高さを示すものではなかったかと思う。まあ、国民気質として決まったもの、大勢が注目するものに対して興味を示すというのはいつものことではあるが……。いずれにしても、多くの人々がオリンピック開催に関して興味を持ってくれるということは嬉しいことだ。

 今回の開催に向けて、国立競技場の新設を始めとするインフラ整備には4000億~1兆円程度の費用がかかると言われている。この予算を東京にかけるなら、東日本大震災の被災地の復興にかけるべきという意見はもっともである。被災から2年半経ったにも関わらず、まだまだ現地では復興したというより、物理的な再建が始まった段階。生活を取り戻すにはもちろん、気持ちの復興にも時間はかかりそうだ。被災地だけではなく、他の地方からも「また東京に集中するのか」というため息交じりの声が出るのも当然だろう。

 被災地の外に住む我々は、現地がまだまだ復興の途上にあることを忘れてはならない。そのために、現地からの情報発信はもちろん、我々が被災地を訪れる機会も必要だろう。僕も自転車イベントなどを通して、そんな活動は大事にしたいと思っている。しかし、オリンピックをやらなければ、復興に向けてより良くなるのかと言われると……なにか引っかかる。

 そもそもオリンピックが来ることで何が起こるのか。もちろん経済効果があるのは間違いない。一説によれば、その効果は3兆円とも言われている。公共投資はもちろん、さまざまな場面で経済は活性化することが予想でき、高まる雰囲気がさらに景気を押し上げることになると期待できる。