[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「4期連続最下位の現実を受け止めて」

響いた投打の軸の不在

 スタートこそ良かった後期も、最終的には最下位。これで昨年から4期連続の最下位という結果に終わってしまいました。高知の皆さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。優勝した徳島や2位の愛媛、前期優勝した香川との差はどこにあったのか……。一言で言えば、投打の軸の不在が最後まで響いたように感じます。

 他の3球団はピッチャーにしろ、バッターにしろ、エースや中軸で投打に計算できる選手がいました。しかし、高知は違います。投げては井川博文やフアン・グルジョンが1年間、先発ローテーションに入っていたものの、もうひとつ安定感がありませんでした。バッターも当初、4番に考えていた安峻亨の調子が上がらず、退団。若い迫留駿や河田直人も1年間コンスタントに結果を残すには力が不足していました。

 河田は前期の後半から好調でしたが、夏場に入り、体重も減ってスイングスピードが落ちました。今まで本人は長いシーズンを戦ったことがないのですから、この事態はある程度、予想ができました。バッティングに関してはNPBのスカウトからも好評価をもらっています。来季に向け、オフにはしっかり体力づくりをしてほしいものです。

昨年、埼玉西武の入団テストを受け、育成選手としての獲得が検討されていた。

 結局、4番にはデイビー・バティスタを起用することになりました。ただ、彼は本来、俊足を生かしたトップバッターが適任の選手。4番にすると、どうしても大きいのを狙いがちです。選手にはそれぞれタイプがあります。適材適所で使えないと持ち味は発揮できません。

 他球団では2年、3年とリーグで経験を積んだ選手が着実に成長し、チームの中心になっています。しかし、高知は長く在籍している選手がケガなどで離脱することが多く、その経験をフルに発揮できていません。これがチーム力の差として表れています。1試合1試合を振り返ると、決して完敗ではないものの、大事な場面で得点できなかったり、失点して敗れているゲームが多いのです。これも試合に出ている選手の経験の有無が影響していると感じます。

 後期に入って、ウィルフィレーセル・ゲレロ(元徳島、元広島)、赤嶺祥悟(元愛媛)とリーグで実績のあるピッチャーを補強しました。ただ、2人ともブランクがあり、数カ月で元の状態に戻せるほど甘くありません。ゲレロはコントロール、赤嶺は球威の面で状態に波があったため、以前のようなピッチングができませんでした。