『2030年のよりよい世界』を考えるソーシャルグッド・サミット2013がいよいよ開催!

「ニューメディアやテクノロジーを活用することで世界的な社会課題をいかに解決できるか」というテーマに関し、世界中で議論が行われるカンファレンス、『ソーシャルグッド・サミット』が、今年もニューヨークで9月22日~24日の3日間、開催されます。

今年で4回目を迎えるこのイベントは、東京でも連動イベントを過去2回に渡って実施してきました。昨年の様子は本コラムにおいてもレポートしましたが、回を重ねるごとに国際的な広がり、そして国内での盛り上がりも増してきているように感じます。

より長期的視点を持って社会課題解決に取り組む

今年のテーマは、「2030年のよりよい世界」。より長期的視点を持って社会課題解決に取り組むという意味が込められています。

ツイッターやフェイスブックのハッシュタグ(#2030NOW)を活用することで、世界100ヵ国以上のミートアップにおけるグローバルな会話に参加することができます。

日本では、国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所が主催となり、9月24日(火)に東京でミートアップが行われます。私も共催者として参加予定ですが、様々な社会課題解決分野の第1戦で活躍されているリーダーによる登壇・パネルディスカッションが予定されています。以下、テーマとスピーカーの詳細です。

ソーシャルグッド・サミット2013東京ミートアップ
日時:2013年9月24日(火) 18:00-20:30
場所:日本財団ビル2階大会議室(東京都港区)
定員:120人 (無料・先着順)
*詳細・お申し込みは上記リンクを参照ください

★「日本発ソーシャルグッドとテクノロジーのフロンティア〜資金を調達して社会を動かす方法―クラウドファンディングの可能性と実践例」
・梶川拓也氏 一般社団法人ジャスト・ギビング・ジャパン事務局長
・田島沙也加氏 READYFOR チーフキュレーター
・根木佳織氏 公益社団法人Civic Force事務局長
・小笠原舞氏  asobi基地 代表(NPO申請中)/ こども未来プロデューサー

★「仲間を集めて社会を動かす方法―ソーシャルメディアやクラウドの可能性と実践例」
・ハリス鈴木絵美氏 Change.org日本代表
・藤井宏一郎氏  グーグル株式会社執行役員兼公共政策部長
・福島慎之氏 一般社団法人ボランティアプラットフォーム代表理事
・山脇智志氏 株式会社キャスタリア代表取締役

さて、今回はこのソーシャルグッド・サミットのメイン会場であるニューヨークで行われるプログラムの見どころについて、3つのポイントに沿ってご紹介したいと思います。東京で開催されるイベントも、グローバルな文脈を捉えることで、さらに意義深いものになると信じているからです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
新生・ブルーバックス誕生!