サッカー
ワールドカップでは「自分たちのサッカー」よりも、戦い方の"使い分け"が重要になる!
〔PHOTO〕gettyimages

このところ、「おもてなし」という言葉を良く聞きます。東京オリンピック招致の最終プレゼンテーションで使われたものですが、日本という国を、日本らしさを説明するのに、とてもふさわしい言葉ですね。

サッカー日本代表も「日本らしさ」という言葉を使います。アルベルト・ザッケローニ監督も選手たちも、「日本らしいサッカー」とか「自分たちのサッカー」といった表現をひんぱんに使います。

「これが日本のサッカーだ」というスタイルを確立するのは、もちろん悪いことではありません。自分たちのサッカーは、きちんと作り上げるべきです。

しかし、いつでも、どこでも、どんな相手でも「日本らしいサッカー」を追求するのは、勝利への近道とは言えません。

サッカーの試合はホーム&アウェイが基本です。強豪と呼ばれる代表チームやクラブチームも、敵地での一戦は戦い方を変えます。

たとえば、パスをつなぐサッカーが得意なチームでも、アウェイゲームではロングボールを積極的に使います。自陣や中盤でパスを廻している際に、相手側にカットされるのを防ぐためです。

アウェイゲームは判定に"さじ加減"が加えられることがあります。レフェリーは公平なジャッジを心がけていますが、大観衆の圧力は見逃せません。ホームチームの激しいプレーが、ファウルにならないことも起こり得るのです。

敵地に乗り込むチームは、自分たちのプレーがいつもより厳密にさばかれ、相手のプレーはやや甘くジャッジされることを想定しておかなければなりません。「自分たちのサッカー」への拘泥は、危険を招いてしまうのです。

各上の国を相手にするワールドカップの戦い方

ブラジルで開催される来夏のワールドカップは、ブラジルと対戦しないかぎりホーム、アウェイの区別はありません。日本対イタリア、日本対アルゼンチンなどは、中立地での開催となります。ジャッジに"さじ加減"が加えられることもないでしょう。

だからといって、「自分たちのサッカー」に突き進んでいいものか?

否、そうではありません。3試合の勝点で順位を決めるグループステージと、一発勝負のノックアウトステージでは、戦い方が変わってくるはずです。

時間帯も考慮しなければなりません。1対0で勝利していて、残り時間が10分を切った。同点に追いつかなければならない相手は、日本のゴール前へどんどんボールを入れてきます。

さあ、どんな対処をするべきでしょう?

奪ったボールを自陣からつないでいくのが日本のサッカーですが、自陣でボールを奪い返されるのは避けたい。パスをつなぐ余裕がなければ、割り切って前線へ蹴り出してもいいでしょう。

パスをつなぐのは、ゲームをコントロールし、得点を奪い、勝利するための「手段」です。「目的」ではありません。1対0で逃げ切るという目的を果たすには、別の手段を使うべきなのです。

アジアを舞台とした戦いでは、「自分たちのサッカー」を高めることで勝利を引き寄せられました。細かな駆け引きが必要とされる場面は、ほとんどなかったと言っていいでしょう。

しかし、ワールドカップではそうもいきません。

9月12日にアップデートされた最新のFIFA(国際サッカー連盟)ランキングで、日本は42位となっています。このランキングをもとにワールドカップ出場32ヵ国が決まるとしたら、日本はブラジルヘ辿り着けません。世界のトップクラスとはなおも実力差があることを、正しく認識する必要があります。

グループステージを突破してベスト16入りするには、日本よりランクが上位の国を、少なくともひとつは破らなければなりません。ベスト16の壁を越えて8強入りするには、格上からさらにもうひとつ勝利をつかまなければならない。ザッケローニ監督のチームが目ざす頂は、かくも高く険しいものなのです。

だからこそ、戦い方の"使い分け"が重要なのです。

先のコンフェデレーションズカップで対戦したブラジルだって、日本相手に緩急をつけて戦ったではありませんか。戦い方の"使い分け"は、連戦を乗り切るための対処法でもあるのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら