[サッカー]
田崎健太「里内猛が描く日本の未来図Vol.11」

~ジーコ、オシム、関塚を支えたフィジコ~

永井、規格外の身体能力

「タフで、力強くて、海外でも臆さない、うまいだけでなくそういう点も考慮して選手を発掘して行こう」

 これがロンドン五輪代表選考における里内たちの合い言葉となった。タフで、力強い選手――そうでなければ世界で戦うことはできない。特に五輪の場合、登録選手18名で、中2日での試合が続く。ワールドカップと比べてスケジュールも登録選手も条件が厳しいため、多少の怪我にも強く、90分間を走り切れる選手が必要だった。その象徴的な存在となったのが、永井謙佑である。

 永井は1989年に広島県福山市で生まれ、3歳の時、父親の仕事の関係でブラジルに移った。8歳で帰国し、その後、福岡県九州国際大学附属高校から福岡大学に進学。当時は同大4年だった。

 身体測定で、永井の裸を初めて見た時、里内は目を見張った。日本人にはめずらしく背中の筋肉が異常に発達していたのだ。トップスプリンターによく見られる体型であった。彼の場合、ただ速いと言うのではなく、無尽蔵のスタミナもあるというところに特異性が感じられた。

 余談であるが、2011年の2月の中東遠征で、バーレーンのスタジアムでの試合後、ロッカーに向かう通路で永井が何気なく天井(3m以上)にジャンプしてタッチしたときには、滞空時間が異常に長かったことを思い出す。足のサイズも28.5センチと、身長177センチの身体の割には大きい。日本人として規格外の身体だった。筋力トレーニングだけでは生み出せない生まれ持った肉体がそこにはあった。

 永井はボール扱いや動きの巧みさに秀でているかといえば、決してそれほど図抜けているとは言えなかった。しかし、試合になると結果を残す、実戦向きのタイプだった。里内はますます気に入った。

 永井が小学生時代、ブラジルのミナス・ジェライス州で育ったと聞いて、彼の逞しさが理解できたような気がした。里内は永井について尋ねられると、「練習では、それほどでなくても実戦)では、間違いなく結果を残す」と太鼓判を押した。