インテリジェンスの文法で読む
小説『スギハラ・ダラー』

「シリアと北朝鮮の核」など極秘情報が満載

 東京に勤務する情報を扱う外国人の間で、2月に手嶋龍一氏が上梓した小説『スギハラ・ダラー 』(新潮社)が話題になっている。手嶋氏はNHKワシントン支局長を長くつとめた。特に2001年9月11日の米国同時多発テロ事件のときは、ワシントンから11日間の昼夜連続中継を行ったので、手嶋氏のソフトな語り口を覚えている人も多いと思う。

 外交の世界には秘密がある。ジャーナリストがそれを知りすぎてしまうと、本人の意図にかかわりなくプレイヤーになってしまう。手嶋氏が、そのようなプレーヤーの1人であることは間違いない。

 2006年3月に手嶋氏は小説『ウルトラ・ダラー 』(新潮社)を上梓した。同書は日本発のインテリジェンス小説であると筆者は考えている。インテリジェンス小説とは、事実をそのまま描いたドキュメンタリー・ノンフィクションではない。

 また、実際の話に架空の人物を押し込んで、そこに「ふくらし粉」を入れて創作したノンフィクション・ノベルでもない。

 あえてインテリジェンス小説の定義をすると「公開情報や秘密情報を精査、分析して、近未来に起こるであろう出来事を描く小説」である。

『ウルトラ・ダラー』において、手嶋氏は、北朝鮮の偽ドル工作が暴くとともに日朝国交正常化をめぐる裏交渉で、記録が公電(外務省が公務で用いる電報)に残されていないのではないかという重要な問題提起を行った。

 この小説のもとになった情報が、国際的に影響力をもつインテリジェンス機関並びに日本外務省の中枢部から得られたことは間違いない。当然、外務省内部の権力闘争とからんでいる。『ウルトラ・ダラー』が上梓され、震え上がった当時の外務省幹部がいたと思う。

 この小説が出なければ、この元外務省幹部は今ごろ国会議員になり、東アジア共同体構想を積極的に推進していたであろう。

小説に盛り込まれた「極秘情報」

 さて、『スギハラ・ダラー』は、リトアニアの首都カウナス市で日本領事代理をつとめていた杉原千畝氏が、1940年に外務本省の訓令に反して発行した通過査証(トランジット・ビザ)得て、上海やアメリカにわたったユダヤ人の運命を軸に物語が進められている。

 インテリジェンス小説の種明かしをするのは禁じ手だと思うので、筋についてはこれ以上触れない。筆者としては、この小説に一般の報道ではなかなか知ることができないインテリジェンスの秘密情報が盛り込まれていることを明らかにしたい。