ユニクロ社員はこう考える
ひとり勝ちの秘密が見えた

来春、ロシアに第1号店を出店。デフレ下でも最高益を更新し、前進を止めないユニクロの強さの秘密は、社員にあった。表に出ることが少ないその「言葉」「行動」「思考」とは。

柳井会長だけじゃない

次のような難題が降りかかってきた場合、あなたならどう考え、どう行動するだろうか。以下で挙げる「ケース」は、ユニクロで実際に起きた事例である。

【ケース1】
もともとフリースのリサイクルを行っていたが、これを会社が扱う全商品で行うべきだという計画が持ち上がった。ただ、社員も多くが首をかしげている。さてどうする。

 この課題に直面した女性社員は、「お客様のニーズも絶対にあるはず」と感じると、みずから店頭にたってお客に「ユニクロがこういうことをしようとしているんですけど、どう思いますか」とアンケートを地道に集め始めた。何店舗も回り、ネット調査もやり、出した結論は、リスクもあるけど、「やるという方向に持っていくべき」。この成果は現在、着用可能な衣類を途上国などに寄贈する「サンキューリサイクル」として定着している。

 ユニクロの「ひとり勝ち」が止まらない。'09年8月期の営業利益が、過去最高を更新。2期連続の増収増益も成し遂げ、不況・デフレにも負けない強さを知らしめた。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、そんなユニクロの「軌跡」を披瀝する著書『成功は一日で捨て去れ』を発表し、「現状を否定し、常に改革し続けなければならない」「会社は『お客様のため』に存在する」と経営哲学を語っているが、その舞台裏に社員の「力」があったことも忘れてはいけない。

 UBS証券で小売業を担当するシニアアナリストの山手剛人氏が言う。

 「創業60周年記念の早朝オープンの日には、約400店舗の社員が徹夜で準備をして奮闘するほど、社員に活気があります。店長になって売り上げを伸ばせば、年収1000万円以上になるなど頑張れば報われる風土があることに加え、社員はみなユニクロが大好きなんです。最近は、大手銀行や他のファッション関係の会社に勤めていた中途採用者など様々な人材が入社していますが、彼らが一体となって働いています」

ファーストリテイリンググループの「キャリア採用サイト」

 メディアに登場することが少ない、そんな社員の声や行動を垣間見れる「秘庫」があることをご存知だろうか。同社の「ファーストリテイリンググループ キャリア採用サイト」には、執行役員、部長、リーダー、デザイナーなど職種・年齢・役職を問わず20名以上の社員の率直な思いや経験が綴られているのだ。冒頭のエピソードと社員の声も同サイトに載っているもの。

 読み込むと、デフレ下でもひとり勝ちの「秘密」が満載の、サラリーマン必見の参考書となっている。では、次のようなケースでは、ユニクロ社員はどう対応したのか。同じ立場になった者として、考えてみよう。

動いて、動いて、考えて

【ケース2】
女性に人気の高いアーティストとコラボレーションしたTシャツを作りたい。どうやって口説き落とすか。

 不況なだけに人気アーティストは、同業他社との競合が多い。ユニクロとTシャツのコラボレーションをする『カレルチャペック』代表取締役の山田詩子氏は、「多くの会社は、数字の話はできるけど私の作品性をわかっていない男性社員が、補佐役として作品に理解のある女性社員を連れてプレゼンに来るけれど、ユニクロは違った」と言う。

 「最初の会議は、女性5名男性1名ほどでいらっしゃいましたが、数字の話、デザインの話とも、どなたに聞いてもしっかりとした回答が返ってきたんです。驚いたのは、最初の打ち合わせで、具体的な方向性がほとんど決まったこと。『かわいいものを描いてください』というような曖昧なイメージで仕事を持ち込んでくる会社が多い中、ユニクロは最初から会議に参加する社員全員が『こういう絵が欲しい』『自分はこうしたい』と明確なゴールを提示してきた。結果として、ものすごく速く仕事が進行したし、Tシャツも売れて『来年は2倍の量で』と言われました」

 ケース1~2に共通するユニクロ社員の特徴があると言うのは、マーケティングライターの牛窪恵氏だ。

 「トップダウンでなく現場に裁量権が与えられているから、上司から言われなくても、『自分の頭で考えて、自分で動き、すべて自分の責任』という意識が浸透しています。私が取材したユニクロの商品開発者も、商品が一番動く土日になると、『どういう商品が、どういう人に売れているのか気になるから』と言って、必ず現場(店舗)に足を運んでいました」

 ケース1の女性社員は、HPでこう語っている。
「新しいことをやろうと思うと、大変な思いをします。それでも動いて、動いて、考えて」

 他の社員たちの言葉も、どれも力強い。
「みんなが能動的に何かをやらない限り成功はない」
「自ら責任を持って、自ら変革の起点になっていく」
「いいことも悪いこともすべて自分の責任」

 指示待ち人間はいないのだ。

【ケース3】
キャンペーンを打ったポロシャツがバカ売れ。2カ月後には在庫不足になることが確実な状態だが・・・・・・。

 ユニクロ社員の対応は速い。まず、危機が発覚してからたった「2週間くらい」で、工場をしらみつぶしにあたり、このパターンでこういう素材・柄の場合、納期とコストはどれくらいかという情報を一気に集める。結果、「どんなに急いでも倍はかかる」時間内で、必要な時期に必要な量の増産へ漕ぎ着けた。

【ケース4】
パタンナー(服の型紙を作る人)が社内にいるのに、自分たちでパターンをひかず、外注しているような状態だ。これを改善したいが。

 やはり迅速に動くユニクロ社員は、外部からパタンナーを採用して組織作りに取りかかる。と同時に、経営陣に対して「こうすると着心地がもっと良くなる」と大切なポイントを直接プレゼン。たった半年ほどでパターンは100%社内でできるという体制を作り上げた。

 ケース3~4を見てわかるのは、「スピード」に対する意識の高さだ。そのため同社では、
「決めることに対する手続きが極めて簡素化されている。(中略)稟議書があって、根回しがあって、ハンコが10 個ぐらい並ぶ・・・・・・なんてことは、この会社ではありえない」
「直接社長と話をするので、結論が早い」
「会議は30分以上やってはダメ」
と、決裁が簡素、経営が近いなど「効率化の仕掛け」が用意されてもいる。

信じる、理解する

【ケース5】
苦戦していた北海道・東北の業績回復を命じられた。さてどうする。

 担当者は最初に、様々な部署に「北海道をなんとかしたいから助けてくれ」と社内メールを打ち、協力してくれるメンバーをかき集めた。気がつけば、色々な部署から人が集まり、「北海道業績回復プロジェクト」が立ち上がり、週1回の定例ミーティングを繰り返す体制ができあがった。業績回復を成し遂げた社員はHPでこう言う。

 「現場を変えていくためには、多くのメンバーを巻き込んで部署横断的に仕事をしていかないと何も変わらない」

【ケース6】
世界にブランドを知らしめるような、斬新なCMを打ち出したい。その責任者に命じられたが。

 代理店に頼むしかない、と考えるのが普通だろう。しかし、ユニクロが’08年に世界の三大広告賞を総ナメにした『UNIQLOCK』の製作過程において、代理店を使わなかったことはあまり知られていない。では、どうしたのか。『UNIQLOCK』の音楽制作を担当したアーティストの田中知之氏が言う。

 「ユニクロさんの場合は、『餅は餅屋』という発想で、クリエイティブにかかわる部分はディレクターに全面的に委ゆだね、『基本的に好きにやって下さい』ということでした。CMの音楽を作るときは、大抵、途中で代理店やクライアントが何度も口を出してきて、無駄な時間がかかることが大半です。しかも、不条理な注文なので作品も悪くなってしまう。ユニクロは一番大きなクライアントで一番気を遣わなくてはいけないのに、一番楽しく仕事ができました」

 ケース5~6からうかがえるのは、“巻き込み力”の強さ。HP上のユニクロ社員の言葉がそれを物語る。

 「いろんなエキスパートの力を借りながら変革を進めるので、人を巻き込むパワーも必要。(中略)あと何より自分の能力に対する謙虚さも大切ですよね」

【ケース7】
店舗のアルバイト、社員が一丸となって頑張る仕組みを作りたいが。

 ポイントは、「情報共有」と言うのは、ユニクロの店舗で3年以上働く女性だ。

 「月に1回ほど開かれる『店舗ミーティング』では、アルバイトと社員がアンケート用紙に書かれた、『値段がわかりにくい』『店員の態度が悪かった』などの回答をみなで共有して、『では、これからはどうすればいいのか』と解決を目指すんです。また、社員もアルバイトも、出勤するとまず昨日の予算(売り上げ目標)、達成(実際の売り上げ)、お客さんの数、客単価などをメモして数字を共有する。そうすることで、目標に向かって一致団結できる」

 ユニクロ社員は、当たり前のことを当たり前にやっているだけ。ただし、徹底的に、しかも継続的に。これがデフレ時代でも強いユニクロを支えているのだ。

 「でも、柳井さんから見ると、まだまだ物足りないようです。先日お会いしたときも、『若い人には自分のやりたいことをもっと発言して、どんどんやって欲しいのに、あんまり冒険はしたがらない』ということを、すごく気にしていました」(前出・牛窪氏)

 どれだけ頑張っても、「まだまだ」と尻を叩く柳井氏のもと、今日も社員たちは走り回っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら