佐藤優のインテリジェンス・レポート「東京オリンピック開催決定が今後の日本外交に与える影響」ほか
〔PHOTO〕gettyimages
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」vol.020】
―第1部― インテリジェンスレポート
 ■分析メモ No.47「東京オリンピック開催決定が今後の日本外交に与える影響」
 ■分析メモ No.48「サンクトペテルブルグ日露首脳会談」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.60『凶悪――ある死刑囚の告発』
 ■読書ノート No.61『ウラジーミル・プーチン――現実主義者の対中・対日戦略』
 ■読書ノート No.62『岩波 イスラーム辞典』
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

分析メモ No.47「東京オリンピック開催決定が今後の日本外交に与える影響」

【事実関係】
9月7日夜(日本時間8日朝)、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会総会で、2020年夏季オリンピックの開催地が東京に決まった。

【コメント】
2.―(1)
今回のオリンピック招致の過程で、東京電力福島第1原子力発電所からの汚染水漏れ問題が国際的に大きな関心を持たれるようになった。「東京は安全です」といくら繰り返しても、外国人は信用しない。また、「東京は福島から250kmも離れている」などという論拠で説得しようとすると、日本政府は「原発問題を地域問題に矮小化している。福島を切り捨てるつもりか」という誤解を招く。福島第1原発の汚染水を可及的速やかに封じ込め、その事実を広報することが、日本にとって重要な外交課題になった。

2.―(2)
今後、政府は、福島第1原発問題にもっと本腰を入れて取り組むことを余儀なくされる。福島第1原発は、もはや東京電力という一民間企業で対処できるような状態ではない。一刻も早く、福島第1原発を国の管理下に映すべきだ。

3.―(1)
オリンピック召致は日米同盟にも影響を与える。

3.―(2)
遅かれ早かれ、米国はシリアを一方的に攻撃する。シリアのアサド政権が化学兵器(サリン)を用いた以上、米国としてこれを看過することはできない。なぜなら、米国はアサド政権に対して「化学兵器の使用が超えてはならないレッドラインだ」という警告を事前にしていたからだ。米国のレッドラインを無視する政権を報知しておいては、米国の超大国としての地位が脅かされる。・・・以下メルマガでご覧ください

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら