[BCリーグ]
新潟・青木智史プレーイングコーチ「分岐点となった信濃4連戦」

 6日、新潟アルビレックスBCは後期の通算成績を22勝4敗1分とし、前期に続いて上信越地区を制しました。これで前後期優勝は2年連続、2011年後期から数えると5期連続です。今回は9試合を残し、8割4分6厘という勝率での優勝でした。正直、ここまで圧倒的に勝つとは思っていなかったので、驚いています。考え得る勝因はただひとつ。選手ひとり一人が自分の役割を認識し、それに基づいてプレーしていること。それがチームワークとなっているのです。

 後期の流れの決め手となったのが、8月の2位・信濃グランセローズとの4連戦でした。その時点で信濃とのゲーム差は4。そこで引き離すことができれば、優勝はグッと近づいてくると考えていました。結果は3勝1敗。勝った3試合は1、2点差という接戦でした。もちろん、選手たちはいつも全力でプレーをしていますが、その4連戦は普段以上にスイッチが入っていたように感じました。

 4連戦を前に、僕は選手たちにはこう言いました。
「確かにこの4連戦は大事だが、崖っぷちだなんて思う必要はない。4ゲーム差ある分、オレたちは優位に立っているんだ。だから怖がらずに、初回から先取点を取りにいく積極的な攻撃を見せよう。そうすれば、相手が崖っぷちに追い込まれるはずだ」

 実際、4試合中3試合は相手に先取点を奪われる展開でした。しかし、僕は選手たちに「焦る必要はない」と言いました。「オレたちには逆転できる粘りがある。チャンピオンとしてどっしりと構えていればいい」と。とにかく守りに入って欲しくなかったのです。4連戦の重要性を意識するあまり、自分たちでプレッシャーをかけて萎縮するのではなく、普段通りの積極的な野球をして欲しかったのです。

 その言葉が効いたかどうか、定かではありませんが、「先取点を取るんだ」ということを口にする選手もいたりして、いつも通り積極的な姿勢でプレーしてくれました。その結果が3勝1敗という成績に結びつき、優勝へとつながっていったのです。