テレビのヨミカタ
2013年09月11日(水) 高堀 冬彦

フジテレビが視聴率争いで4位に転落した原因は何なのか!? ~連ドラの不振と「韓流騒動」の背景を考える

upperline
〔PHOTO〕Thinkstock by gettyimages

2012年度の視聴率争いで、テレビ朝日、日本テレビの後塵を拝したフジテレビが、今年8月のゴールデンタイム(午後7時~同10時)、プライムタイム(午後7時~同11時)の視聴率争いでTBSにも抜かれてしまい、4位に転落した。

ゴールデンタイム、プライムタイムは各局の主戦場。8月のTBSには『世界陸上』という魅力的なコンテンツがあったが、テレ朝と日テレのAクラスは動かなかったのだから、フジの4位転落という事実は重い。2012年度の結果は、万年Bクラスだったテレ朝が浮上して、相対的にフジが落ちたという見方が順当だったと思うが、今回は事情が違う。純粋にフジが負けてしまったのだ。

連ドラはバクチのようなもの

フジ転落の理由をひと言で片付けてしまえば、それは連続ドラマの不振だ。プライムタイムにおけるフジの連ドラ枠は各局の中で最多の5つ(うち1つは系列の関西テレビの制作)で、連ドラで勝負しようとしていることは明らかだが、その連ドラが振るわないため、苦境に陥っているのだ。

フジの7月期ドラマで、視聴率15%前後の合格水準に達しているのは、『救命病棟24時』だけ。鳴り物入りで始まった『ショムニ2013』や織田裕二が初の父親役に扮した『Oh, My Dad!!』、さらに広末涼子の17年ぶりの主演作『スターマン~この星の恋』(制作・関西テレビ)の視聴率は、いずれも10%を割り込んでいる。シングル番組(視聴率が一桁の番組)が3つあるようでは、他局に勝てるはずがない。

約2年前に日テレの『家政婦のミタ』が視聴率40%を記録した際、あるフジの幹部は切歯腐心した。けれど、同時に奮い立ったという。「まだドラマで昔のような視聴率が取れる」。その見方は確かであり、5つのドラマ枠を用意した戦略は間違っていなかっただろう。近年における視聴者のドラマ回帰の傾向は本物に見える。しかし、皮肉なことに、それを証明したのは、『半沢直樹』(TBS)だった。

次ページ 日テレとフジが激しいマッチレー…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事