[裏方NAVI]
原健介(日本体育大学駅伝部コンディショニングトレーナー)<前編>「雪辱への狼煙」

“地獄”から“天国”へ――。89年の歴史をもつ「東京箱根間往復大学駅伝」(箱根駅伝)は今や、年始の風物詩となっている。今年1月、その箱根を制したのは日本体育大学だった。昨年は同校としては史上最低の19位。まさに“地獄”を味わった。そこから大改革に乗り出し、30年ぶり10度目の栄冠を手にしたのだ。この原動力のひとつとなったのが、同校OBでもあるコンディショニングトレーナー原健介が提唱した「ベース・コントロール・トレーニング」(BCT)だ。いかなる時も崩れない走りをつくりあげたBCTとは――。古豪復活への軌跡を辿る。

「もう悔しくて、悔しくて仕方ありませんでした」――奥歯をかみしめながら、そう語る原の表情は、当時の悔しさがどれほどだったかを物語っていた。
 2012年1月の第88回箱根駅伝。過去9度の優勝を誇る日体大は、その輝かしい歴史に暗い影を落とした。7区のゴール地点であり、8区のスタート地点である戸塚中継所で同校初の繰り上げスタート。初出場した1949年以来、64年間つないできた同校のたすきが途切れた瞬間だった。

「なんだか日体大のランナーは、走りに力強さがなくて、フラフラしていた感じがしたよ」
 レース後、OBや関係者など、周囲からは一様にこうした言葉が漏れた。それを聞いて、ひとり悔しさを募らせていたのが原だった。
「テレビではほんの少ししか映らなかったのですが、やっと映ったと思ったら、みんなもう軸がブレて、ボロボロにフォームが崩れていました。誰もが強く印象に残るほど、ひどいものでした。その時、思ったんです。『よし、身体づくりからやろう』って」
 その決心は日を追うごとに強くなっていった。

 箱根駅伝が終わると、チームはいったん解散をし、選手たちはそれぞれの実家へと帰省する。また、多くのスポーツがシーズンオフのため、原が開業している治療院を訪れる患者も比較的少ない。そのため、原にとっては1年の内、最もゆったりと過ごすことができる時期でもある。だが、既に原は動き始めていた。患者のいない時間帯をほぼすべてトレーニングに費やし、自らの身体を実験台にして効率のいいメニューづくりに勤しんだ。そうしてできあがったのがBCTだ。

「学生時代を含めて20年近く、日体大駅伝部に携わってきましたが、19位に終わった昨年は、これまでで一番悔しいと思ったんです。今でも不思議なんですが、とにかく悔しくて、悔しくて……。いつもなら他校に対して“やっぱりすごいなぁ”“悔しいけど、素晴らしい走りだったな”という感じなのに、その時ばかりは憎たらしいとさえ思いました。『絶対に、1年後は雪辱する!』と、選手でもない僕が燃えてしまったんです(笑)」