[MLB]
杉浦大介「ヤンキース、“ミラクルラン”は実現するか」

誤算続きもプレーオフの可能性残す

最近は左投手相手の際はスタメンを外れることも多いイチローだが、出場時には地道に貢献の術を見つけている。Photo By Gemini Keez

「それにしてもヤンキースはよくこの位置にいるなぁ……」

 2013年も9月を迎える頃、そんな声がメディアの間からよく聞かれるようになった。9月5日からの大事なレッドソックスとの4連戦を迎えた時点で、ワイルドカード圏内まで2.5ゲーム差。ここまでの波瀾万丈の道のりを思い返してみれば、現時点でプレーオフ進出が不可能ではない位置にいることは、確かに軽いミラクルにも思えてくる。

 デレク・ジーター、アレックス・ロドリゲス、カーティス・グランダーソンといった多くの主力選手がケガに悩まされてきた。マーク・テシェイラ、フランシスコ・サーベリに至っては、故障回復のメドが立たずにすでに今季終了。8月にはロドリゲスに過去の薬物使用で211試合の出場停止処分が告げられ、チームの周辺が大揺れに揺れた時期もあった。

 これほど誤算続きでは、安定して勝ち星をあげるのが難しいのは当然。オールスター以降の18戦で12敗を喫し、勝率5割寸前にまで落ち込んだ際には、今季の終戦ムードも漂ったのも仕方ないところだったろう。

 しかし……これが伝統チームの底力なのか。8月11日以降の25試合で17勝8敗とペースを上げたヤンキースは、前述通り、シーズンもあと1ヶ月を切った時点でプレーオフの可能性を残した位置に止まっている。

一挙一動が騒がれるロドリゲスだが、チームにマイナスを及ぼしている様子はない。Photo By Gemini Keez

「チーム全体が健康を取り戻しているのが大きい。何人かの選手たちが戻ってきたしね。ジーター、アレックスが帰ってきて、(アルフォンソ・)ソリアーノも加わった。体調回復とともに気分良くプレーできるようになっているよ」
 エースのCCサバシアがそう語るように、シーズンが進むにつれてチームは徐々に形を整えてきている。

 ジーターは数字以上の存在感を発揮し、7月26日にカブスからトレードされたソリアーノは8月だけで11本塁打、31打点。ロドリゲスの周囲に絶えずつきまとう喧噪も悪影響になっていないのは、さすがは百戦錬磨のベテラン集団といったところだろうか。