[ボクシング]
近藤隆夫「WBA王者・亀田興毅、WBC王者・山中慎介、WBO王者・亀田和毅……バンタム級王座統一戦を望む」

男子の現役世界王者は2ケタに

7月には長男・興毅、8月は三男・和毅がタイトルマッチに勝利。史上初の3兄弟での世界王者となった。

 9月3日、亀田大毅(亀田)が、ロドリゴ・ゲレロ(メキシコ)に判定勝利を収め、IBF世界スーパーフライ級王座を獲得した。決して誉められた内容ではなかったし、レベルの高い闘いでもなかった。

 互いに減量に苦しんだのだろう。そのためにスタミナを気にして前半は打ち合おうとはせず、後半に勝負を持ち込もうとしていた。結局は決定打を欠きあう。「勇気」が感じられない試合だった。

 JBC(日本ボクシングコミッション)がIBFとWBOを認可したことで、また日本人世界チャンピオンが増えた。この日、王者となった亀田を含めて、いま、ボクシングの日本人世界チャンピオンは、男子だけで10人もいるのだ。

WBA世界ミニマム級=宮崎亮(井岡)
IBF世界ミニマム級=高山勝成(仲里)
WBA世界ライトフライ級=井岡一翔(井岡)
WBC世界フライ級=八重樫東(大橋)
IBF世界スーパーフライ級=亀田大毅(亀田)
WBA世界バンタム級=亀田興毅(亀田)
WBC世界バンタム級=山中慎介(帝拳)
WBO世界バンタム級=亀田和毅(亀田)
WBA世界スーパーフェザー級=内山高志(ワタナベ)
WBC世界スーパーフェザー級=三浦隆司(帝拳)

 これにWBA世界フライ級暫定王者である江藤光喜(白井・具志堅)を加えるならば、11人ということになる。日本人選手が、世界を舞台に活躍するのは、決して悪いことではないが、こんなに日本人世界チャンピオンがいると、その価値も下落してしまう。

 特にバンタム級。このクラスには、いま3人の日本人世界チャンピオンがいる。亀田興毅(WBA)、山中慎介(WBC)、亀田和毅(WBO)。これは、すぐに王座統一戦に向けて動き出すべきではないか。