[プロ野球]
上田哲之「プロ野球、ある夜の出来事」

 すごいものを見た。時は8月31日、場所は阪神甲子園球場。この日、広島対阪神戦が行なわれていたのだが、折からの悪天候で、1度中断した。いったんは再開できたのだが、6回にさしかかって、甲子園は猛烈な豪雨に襲われた。いわゆるゲリラ豪雨といっていいと思うが、あっという間に内野はプールのようになった。

 6回表終了時点で再び中断。8時13分。風も強く、どこかの湖を見ているかのように、内野のプールが波立っている。雨は一向におさまる気配を見せない。この試合は、阪神先発・藤浪晋太郎の高卒ルーキーとしての2ケタ勝利がかかっていた。ここまで2-1と阪神リード。コールドゲームで藤浪は10勝目だな……おそらく誰もがそう思っていたはずである。いくら甲子園の水はけがいいと言っても、プールのようになったグラウンドで試合再開できるはずがない。

 ところが、審判はなかなか出てこない。コールドゲームを宣告しないのである。20分くらい経っただろうか。気が付いたら雨は小止みになっている。えー? やるの? でも雨が止んでも、プール状態じゃ野球はできないだろう。

 と思っていたら、グラウンドキーピングを担当する、かの阪神園芸の方々がグラウンドに現れ、作業を開始した。雨は止んだ。作業の詳細までは書かない。とにかく、大きな水たまりに吸水マットのようなものを入れ、ダイヤモンドに沿って、砂を入れていく。9時15分頃、両軍の選手がグラウンドに現れ、思い思いにストレッチを開始。9時21分、試合再開。68分の中断だった。

 広島の投手は横山竜士に代わり、最初の打者は西岡剛。初球を三塁線にセフティバントを試みる。気持ちはわかる。どのくらいボールが転がるのか、濡れるのか、そりゃ確認したいだろう。入れた白い砂のあたりを転がったボールは、しかし、特にドロドロになったりはしていない。いいものを見たのは、次の回である。