キング牧師は私の経済学をどう形づくったか
『現代ビジネスブレイブ グローバルマガジン』---「ニューヨークタイムズ・セレクション」より
ワシントン大行進の50周年記念の模様〔PHOTO〕gettyimages

まがいものの“アメリカン・ドリーム”

1963年8月28日、マーチン・ルーサー・キング牧師が「私には夢がある」とワシントンで聴衆を沸かせた演説を、幸運にも私もその場で聴いていた。大学卒業直後の20歳。MITの大学院で経済学を学び始める数週間前のことだった。

仕事と自由を求める「ワシントン大行進」の前夜、私は大学のクラスメイトの家に泊まっていた。その友人の父である、アーサーJ.ゴールドバーグは、米国最高裁判所陪席判事で、経済的正義の実現に尽くしていた。

かつて、より公平な米国を創る先導役とされたこの司法制度が、その50年後に格差を温存するための機関になるとは、誰が予想しただろうか。この機関は、企業に選挙運動の影響力を持たせるため、無制限に近い出費を許可し、投票において差別は存在しないかのように装い、さらに雇用者、企業の違憲行為に対する労働者や原告の訴訟権を制限してきたのだ。

キング牧師の演説は、私の心にさまざまな思いを引き起こした。私はまだ若く親に庇護されていたが、過去から受け継がれた不公平を目の当たりにした世代であり、それらの悪を正そうと献身していた。第二次世界大戦の渦中に生まれた私は、静かではあるが明らかな変化の波が米国社会に打ち寄せていたときに大人になった。

私は、アマースト大学学生自治会の委員長として、人種の統合を推し進めようと、クラスメイトを率いて南部へと向かった。古い人種隔離制度を維持しようとする人たちの暴力をまったく理解できなかった。

全生徒が黒人という大学を訪れたとき、その黒人学生らの教育機会の不均等を強烈に感じた。特に自分たちの特権的で閉鎖的な大学と比較すると、その差は歴然としていた。彼らには同じ土俵を与えられておらず、根本的に不公正だった。そこで見たのは、私たちが信じてきた“アメリカンドリーム”という観念のまがいものだった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら