国際

ドイツ
無残に失敗した共産主義と新たに台頭するグローバリズムの驚くべき共通点---馬渕睦夫著『国難の正体』の戦慄
かつての共産党指導者たち(ベルリンのメイデイにて)〔PHOTO〕gettyimages

先日の参院選で、共産党が少し伸びた。その理由がよくわからない。共産党は由緒ある政党であるが、歴史的に見て、地球のほぼ全域で無残に失敗したことは間違いない。

投票した人は、ひょっとすると、近代世界史を知らないのだろうか。あるいは、日本共産党は、一応、共産党と名乗ってはいるものの、本来の共産党とは別物という解釈なのか? 日本共産党が共産党を名乗る理由もわからない。なぜ、あなた方は共産党員なのですか? と尋ねてみたくなる。

ソ連共産党死すとも、日本共産党死せず!

共産党の歴史は長い。1917年、ロシアでレーニンが長い闘争の末、権力を掌握し、18年にロシア共産党ができた。一党独裁はその後まもなく始まる。

ドイツの共産党も、その歴史は華々しい。思えば、19世紀に共産党の理論を作り上げたマルクスもエンゲルスも、ドイツ人だ。20世紀になって、ドイツの共産主義者たちはレーニンと大いに協力して、帝国主義と戦った。その結果、ドイツ共産党も18年の暮れに創立されたが、その立役者であったリープクネヒトやルクセンブルクは、翌月には反革命派のドイツ義勇軍に惨殺されている。

ドイツ義勇軍というのは、当時の社会民主党政権の支援を受けた民兵だ。つまりドイツでは、左翼同士が共闘できなかったわけで、これが後にヒトラーの台頭を許す大きな原因となったと言われている。