筋肉は裏切らない!? 軽い気持ちで入会したジムで、私の知らない世界を見てしまいました
〔PHOTO〕gettyimages

このコラムのタイトルはよく間違われるんですけれども、「ふっしーのトキドキ投資旬報」の「トキドキ」は「時々」のことなんですよね。「ドキドキ」と勘違いされることが多いのですが、まあある意味では「時々」と「ドキドキ」の雰囲気を出すために、あえてカタカナで「トキドキ」としてるんです。実際には投資の話をしたり、しなかったり。

今回は経済や投資の話でなく、ひとつ筋肉の話でも。

縄文杉を見るために「ゴールドジム」へ

最近、トレーニングを始めました。要するにジムに行き始めたんです。しばらくやっていたテニスと社交ダンスは、仕事が忙しくなったために行けなくなりました。そうなるとだんだん体力が落ちるし、さらに悪いことに太ってくるんですね。1年間もスポーツをしていないので、そりゃそうです。

また、9月中旬に屋久島の縄文杉を見に行こうと思っているので、往復10時間の山道は今のままでは耐えられない可能性がある、これはやばい、ということで、まずは縄文杉を見に行けるように体を鍛えることを思い立ち、ジムに通うことにしたわけです。

会社は銀座の近く、自宅は大塚の近くなので、職場と自宅の近くに同系列のジムがあれば続きやすいと考えたところ、ありました。「ゴールドジム」というジムです。そんな軽い気持ちでさっそく入会しました。

大塚のゴールドジムに入ると、初心者は6回もトレーナーの指導が受けられるんです。これはいい、と思って向かった初日、ジムの中をのぞいてみてびっくり仰天しました。なんか様子がおかしいんです。なんだかものすごくマッチョな人ばかりなんです。

私もそこそこ背が高く体も大きい方なんですが、その私が小人にみえるくらいです。とにかくデカくて大きい男どもが森のようにいて、ものすごい勢いでバーベルやらダンベルやらを持ち上げています。どうやらこれは間違ったところへ来てしまったのかも・・・。

普通のスポーツジムって、シニアの人たちがプールで歩いていたり、会社帰りのお姉さんがちょっとかわいいウエアーを着てバイクを漕いでいたりするものじゃないですか。しかし、とにかくここ(ゴールドジム)はガチ(本気)な男たちばかり。女子もいるけど、やっぱりかなりガチです。大丈夫か、オレ??

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら