[障害者スポーツ]
伊藤数子「ブロードバンドでノーマライゼーション社会の実現へ」

 先月、3日間に渡ってネパールで行なわれたアジアパシフィック情報通信会議に参加してきました。会議では南アジアの情報通信における政策やサービスについての意見交換が行なわれました。今回、会議に参加したのは開催国であるネパールのほか、ブータン、バングラデシュなど約10カ国。今やITはビジネスや公共の場のみならず一般の人々の生活の一部となっていますが、南アジア、特に地方や山間部の情報通信環境はまだまだ発展途上です。そこで国の発展にITがどのように役立てるのか、について議論が行なわれました。

 会議の最終日に話し合われたテーマは「アプリケーション&サービスinブロードバンド」。ブロードバンドがつながると、どのようなサービスが可能となるのか、ということについて意見交換が行なわれました。私はそこでITを使って、障害の有無に関係なく、すべての人がスポーツを楽しめるという発想を広めることができること、そしてそれが国の発展につながることを提案する時間をいただきました。 

 スポーツは世界共通の文化であり、国の発展や人々の豊かさを育む有効な手段として認知されています。その代表例であるスポーツの祭典オリンピックの憲章にはこう書かれてあります。

<オリンピズムの目標は、あらゆる場でスポーツを人間の調和のとれた発育に役立てることにある。またその目的は、人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を奨励することにある。>
<オリンピック・ムーブメントの目的は、いかなる差別をも伴うことなく、友情、連帯、フェアプレーの精神をもって相互に理解しあうオリンピック精神に基づいて行なわれるスポーツを通して青少年を教育することにより、平和でよりよい世界をつくることに貢献することにある。>

 誰もが自由にスポーツをしたり見たりすることのできる社会。それは世界平和の大きな一歩でもあります。そしてブロードバンドは、その実現のための有効なツールになり得るのです。