[サッカー]
大野俊三「吉田麻也に必要なフリーになれる時間」

 8月も終わるというのに、暑い日が続いていますね。そんな気候と比例するかのように、Jリーグでも熱い戦いが繰り広げられています。毎節のように首位が入れ替わり、どのチームが抜け出すかを予想するのは困難です。団子状態はしばらく続くでしょう。

大宮、不振脱出の条件

 上位陣を見てみると、サンフレッチェ広島は序盤こそ出遅れたものの、着実に勝利を重ねてきたところはさすがです。やはり、優勝した昨季からそれほど体制が大きく変わっていない点が安定した戦いにつながっていると感じます。また、横浜F・マリノスと浦和レッズといった古豪が上位につけていることも印象的です。いずれも、ようやくチーム内の戦力の入れ替えが落ち着き、軌道に乗ってきたといえるでしょう。

 一方で、旋風を巻き起こしていた大宮アルディージャは失速してしまいました。開幕から10試合、無敗を続け、W杯最終予選とコンフェデレーションズカップに伴う中断期間に入るまでは首位を走っていました。しかし、リーグ再開後は連敗を重ね、現在は6位にまで下がっています。

 その要因として、チーム内に不協和音が起きていたという報道がなされています。結果が出ない時、監督は選手を入れ替えて不振脱却を図ることはよくあります。しかし、これを頻繁に行えばその度に組織を作り直さないといけません。結果が出ないことで選手、監督が焦り、一丸となった戦い方ができなくなると、フロントも「あの監督では無理なのでは」という考えが生まれてきます。大宮にはそういった負の連鎖が起こっているのではないでしょうか。

 現在の大宮は、私がプレーしていた96年の京都パープルサンガ(現京都サンガ)の状況と似ているように映ります。Jリーグ1年目だった京都は開幕17連敗を喫しました。監督だったオスカーが解任され、与那城ジョージさんが監督代行に就任。それでも完全に立ち直ることができず、最下位でシーズンを終えました。今、当時を振り返ると、選手起用や戦術が定まらず、勝てない状況が続いて選手も監督も自信を失っていたと感じます。

 大宮も今月に入ってズデンコ・ベルデニック監督を解任しました。しかし解任後も連敗は止まらず、現在8連敗中です。この結果が示すように、私は指揮官交代だけでは真の解決にはならないと見ています。必要なのは自分たちの戦い方を整理し、選手を固定すること。そこで1回勝てれば、「このかたちをベースにいこう」と監督、選手間で最低限のベースが見えてきます。開幕からずっと無敗だったわけですから、決して力がないわけではありません。「この戦い方なら勝てる」とチーム全体が自信を取り戻せば、再び、勝ちを重ねられるようになるでしょう。