ブラジルW杯BEST8への道 4
大量失点の原因は 「ザック&DFライン」だけじゃない

フォルランと競る長谷部。ヴォルフスブルクでの出場機会は減るが精神的支柱として代表をまとめられるか〔PHOTO〕小檜山毅彦

「守備面でミスが多すぎる。修正しなければならないところがたくさんある」

 ウルグアイ戦後、主将を務める長谷部誠(29)は2-4での敗戦を振り返った。

 ブラジルW杯まで残り10ヵ月。ザックJAPANは〝守備崩壊〟という苦境に立たされている。

  '10年の南アフリカW杯を超える成績を目指すはずが、6月に出場したコンフェデレーションズ杯では3戦全敗。国内組のテストとして挑んだ東アジア杯を除けば、14日のウルグアイ戦まで4試合で13失点を喫しているのだ。

 ザッケローニ監督が目指す日本サッカーは、形になっているのか。ウルグアイ戦とコンフェデ杯、南アフリカW杯のデータを分析すると、実態が浮かんできた。