佐藤優さんに質問---「仕事と女性とのお付き合いをどう両立させていましたか?」「外務省入省に出身大学は影響しますか?」など

【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.019 目次】
 ■分析メモ No.44「日露外務次官級協議」
 ■分析メモ No.45 「朱建栄事件」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.56『宇野理論とアメリカ資本主義』
 ■読書ノート No.57『住宅貧乏都市モスクワ』
 ■読書ノート No.58「トイレの懺悔室」(『憤死』収録)
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

質問:猫の生態についてわかりやすい本を教えて下さい

佐藤さんが猫の生態を知るのに役立ち・わかりやすい本があれば教えてください。(匿名)

【佐藤優さんの回答】 デズモンド・モリス(羽田節子訳)『キャット・ウオッチング1 なぜ、猫はあなたを見ると仰向けに転がるのか?』(平凡社、2009年)をお勧めします。私が解説を書いています。

仕事と女性とのお付き合いをどう両立させていましたか?

【質問】 多忙な省員時代(未婚のとき)、女性とお付き合いすることについて、何かルールを設けていましたか ?仕事ができる男は、私的生活でも何らかの決まりごとを作っていると思います。(略) 外務省の官僚として激務をこなされていた一方で、女性関係においても男として立派に過ごされていたことでしょう。いったいどうやって仕事と交際を両立させていくことができたのでしょうか ?たとえば、最低週1回はいっしょに食事をする、などあれば、教えてください !

【佐藤さんの回答】 付き合う気持ちのない人に誤解されないように細心の注意を払いました。付き合っている相手以外の女性と食事をするときは、必ず3人以上で行くようにしました。付き合っている相手とは、特に何か決めなくても、コミュニケーションをきちんととっていれば、特に問題は生じないというのが、私の考えです。

質問:外務省入省に出身大学は影響しますか?

【質問】 現在大学1年のものです。(略)元々官僚になりたいと思っていたのですが、佐藤さんの著書を読み外務省(総合職)を目指しています。まだ漠然とではありますが、将来ロシアとの外交に取り組みたいと考えています。大学やバイトの合間に様々な本を読んで勉強しています。

そこで質問です。自分が在籍している大学から外務省に入省した例はほとんど(全く)ありません。実際、外務省は東大や京大、早慶出身者が多いと聞きます。また先輩の中には「外務省はうちの大学からは厳しい」などと言う人もいます。まだ1年ではありますが、最近そのことが不安になっています。学歴や大学で入省できないということはあるのでしょうか? それともやはり能力(国家公務員試験での得点を含む)がしっかりとあれば入省は可能なのでしょうか?(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 外務省に関して、採用時点で出身大学が考慮されることは一切ありません。試験の成績がよければ合格します。基準に達していなければ、落とされます。それだけです。・・・・・・(以下略)

質問:英語学習が思うように進みません

【質問11】 (略) 語学の勉強法についての質問です。佐藤先生の場合は、<予習復習に10時間。授業はコンピュータ翻訳の基礎になるロシア語文法書の読解に、残りの1時間が日本語の新聞をその場で口頭にてロシア語へ訳す訓練。さらに宿題があって日本語の新聞をその場で口頭にてロシア語へ訳す訓練>と書かれていました。

(略) 私もレッスンを2時間にして、英文法のための時間を授業で取ったほうが良いのでしょうか?私の英語力は英検2級程度です。そして、最初の目標であった英文の暗唱の宿題が出来ずにいます。テキストにしている専門書の言い回しが、(テキストの著者の性格が如実に出ていて)ややこしいので、新聞の社説のように誰にも読み易い文章ではないです。(匿名希望)

【佐藤優さんの回答】 語彙力と文法力をつける必要があります。英検2級は、英語が得意な中学生ならば十分合格します。仕事で英語を使うことを考えているならば、最低限、英検準1級、できれば1級レベルの文法力、読解力、語彙力を身につけておく必要があります。英文暗唱の宿題ができないのは、宿題のレベルがあなたの英語力に合致していないからです。覚えることのできる水準に教材のレベルを引き下げてもらう必要があります。