佐藤優の読書ノート---綿矢りさ「トイレの懺悔室」(『憤死』収録)ほか
【佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.019 目次】
 ■分析メモ No.44「日露外務次官級協議」
 ■分析メモ No.45 「朱建栄事件」
―第2部― 読書ノート
 ■読書ノート No.56『宇野理論とアメリカ資本主義』
 ■読書ノート No.57『住宅貧乏都市モスクワ』
 ■読書ノート No.58「トイレの懺悔室」(『憤死』収録)
―第3部― 質疑応答
―第4部― 文化放送「くにまるジャパン」発言録
―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

読書ノート No.56

馬場宏二『宇野理論とアメリカ資本主義』御茶の水書房 2011年

Amazonはこちら

宇野学派の視座から見たアメリカ資本主義分析に関する論文集。しかし、馬場氏の方法論的立場がわかりにくい。日本型会社主義の評価、過剰富裕化論は、外挿的で宇野三段階論との関連が不明確だ。

ただし、講座派と労農派のエートスの差異に関する以下の考察は興味深く、かつ正しいと思う。

近代的統治能力を持つ支配階級を促成するために、近代的教育制度を体系的に制定し、それを人民に開放して能力に応じて上級の訓練を施すことで支配階級をリクルートしなければならない。さしあたり男性に限られたが、大学卒業生が貴族に接する地位を与えられた。大学予備門である高等学校の生徒も、社会的に貴族予備軍としての扱いを受けた。彼らが横文字で西欧社会のあり方を学び、貧しく遅れた日本を顧みた時、社会向上のためのノーブレス・オブリージュを感じたとしても不思議はない。

近代化=経済的発展のための西欧思想はつぎつぎと吸収されたが、日本の事態に関して説明能力が高く、世界史的状況からも強力になったのがマルクス主義だった。その影響は広く知的エリート層全体に及んだ。一般社会では、マルクス主義はハイカラで危険な舶来品に過ぎず、収穫の半分が現物で小作料として取り去られるために「搾取」が実感できる小作層へは、志の高い学生を通じて持ち込み得たものの、賃労働のもとで「搾取」の実情が見難く、社会階級としての統合意識が乏しく、実体としても明確でない労働者階級のばあいは、思想の側からのスリ寄りがあるのに、主体の側はこれを受け入れようとしなかった。革命より実利が優先したのであろう。・・・・・・(以下略)

このテーマについて深く知るための「連読」3冊
・大内力『国家独占資本主義』こぶし書房 2007年
・鎌倉孝夫『日本帝国主義の現段階』現代評論社 1970年
・堤未果『(株)貧困大国アメリカ』岩波新書 2013年
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら