気を遣うメディアと、気を遣わせる視聴者の虚ろな距離感
Ian Bremmer 〔PHOTO〕gettyimages

昨年の暮れだろうか、何気なしに眺めていたNHKのニュース番組「ニュースウォッチ9」に妙な違和感を覚えて、つい音量を上げて、身を乗り出してしまったことがある。

画面には、同番組のキャスターとしておなじみの大越健介氏が、アメリカの国際政治学者イアン・ブレマー氏をインタビューする様子が映されていた。

ブレマー氏が創業し、社長を務めるニューヨークのコンサルティング会社ユーラシア・グループは、世界最大の地政学リスク専門コンサルタントとして、日本でも約40社の企業や政府系機関をクライアントに数えている。ブレマー氏自身は、様々な著書や、教鞭をとる米コロンビア大学のキャンパス、そして英紙フィナンシャル・タイムスのコラムなどで展開する斬新な分析に定評があり、同時に、その物議を醸す過激な論調と、時に挑発的な物言いでも知られている。

テレビに映ったNHKのインタビューでも、ブレマー氏は国際社会における日本の立場について、歯に衣着せぬ発言を繰り返していた。

「日本には確固たる防衛政策がありません。今後もそれは変わらないでしょう。とくに強固な外交政策もありません」

「中国は日本による投資をもう必要としていません。日本の知識も、さらには技術力も必要ではないと思うようになってきています。中国と日本の力関係の変化は東アジアにおける最大のリスクなのです」

「ダボス会議などの国際会議が、日本では行われていません。日本の良さを世界にアピールする場がないのです」

こうして氏の発言を文字に起こすと、それは良くも悪くも極端な物言いで知られるブレマー氏そのものである。だがその日「ニュースウォッチ9」に映っていたイアン・ブレマーは、なぜか妙におとなしく聞こえた。