ドイツ
アメリカが主張する「動かぬ証拠」は当てにできるのか? ~シリアへの軍事介入をめぐる各国の動き
〔PHOTO〕gettyimages

ロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフは、アメリカのジョン・ケリー国務長官に電話して訊いたそうだ。「何が目的でシリアを攻撃しようとしているのか」と。

攻撃が一時的に成功しようが、あるいは失敗しようが、どちらにしても、シリアに平和が訪れるとは思えない。事態はさらに複雑に、悪化するだけだろう。今のイラクやリビアのように。

シリアの毒ガス攻撃に「動かぬ証拠」はあるか?

8月21日、シリアの首都ダマスカス近郊で、毒ガス攻撃が行われた。死者は120人(反政府派の発表では1300人)と言われている。しかし、誰がやったのかが分からない。ところが26日には、アメリカは、これはシリア政府がやったと断言した。「動かぬ証拠」を見つけたのだそうだ。

「化学兵器で罪のない市民を殺すことは、道徳上、一番ひどく、許しがたい事」(ケリー国務長官)

イギリスのキャメロン首相も、「シリアの毒ガス攻撃が、シリア政府の手で行われたことに、ほとんど疑いを持っていない」そうだ。「化学兵器の使用は不正であり、世界はそれを何もせずに見ているわけにはいかない」と、攻撃に意欲的。

また、フランスのオランド大統領も同様で、「フランスは、シリアで化学兵器を使用した者を罰する用意がある」と、偉そうに言っている。オランド大統領はすでにアフリカのマリに出兵しているし、社会党にしてはきな臭いことが好きなようだ。