田原総一朗 × オリバー・ストーン & ピーター・カズニック
「武力介入は失敗するという歴史をなぜアメリカは繰り返すのか」

左から: オリバー・ストーンさん(映画監督)、田原総一朗さん(ジャーナリスト)、ピーター・カズニックさん(歴史学者)

広島・長崎への原爆投下は必要なかった

田原: 今回、オリバー・ストーンさん、そしてピーター・カズニックさんにインタビューする機会が持てて幸いに思います。まずうかがいたいのは、僕は以前ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官にインタビューしたことがあって、「あなた方は広島と長崎に原爆を落とした。そしてまったく何の罪もない一般市民を大量に殺した。この責任をアメリカはどうとるつもりなのか」と聞いたんです。

そうしたらキッシンジャーが、「広島と長崎に原爆を落とさなければ日本は本土決戦をやるつもりだった。本土決戦で何百万人、あるいは一千万人以上の日本人が亡くなるはずだった。原爆を落とすことでその人数をかなり減らしたんだから、むしろ日本はアメリカに感謝すべきだ」と答えた。それについてどう思いますか?

ストーン: キッシンジャーの見方は私たちの見方とはまったく違います。私たちは広島・長崎への原爆投下は必要なかったと思っていますし、キッシンジャーは何もわかっていない人だと思います。彼はノーベル平和賞を受賞しましたが、同時に南米各地でのアメリカの残虐行為に関わったということで、戦争犯罪人として入国できない国もたくさんあるようです。

広島・長崎への原爆投下というのはソ連への威嚇のために落とされたものであって、日本が降伏したのも原爆によるものではなくソ連が参戦したことによるものだと私たちは主張しています。日本はすでに敗戦は決まっていたのですから、原爆投下の必要はありませんでした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら