雑誌
この国は壊れ 始めている
千年猛暑 異常気象はまだまだ続く

〔PHOTO〕gettyimages

「日本は温かく住みやすい温帯の国」。小学校の社会科で習った記憶のある方も多いだろう。だがこの夏の暑さはどう考えても住みやすい国の気候とは思えない。命を脅かす"異常"がこの国を覆っている。

歴史を塗り変える暑さ

「最近、私は『千年猛暑』という言葉をよく使っているのですが、1000年前よりいまのほうが間違いなく暑い。有史以来というか、私たちは日本に人間が棲みついてから、一番暑い時期に生きているんじゃないかと思っています」

 天気予報でおなじみの気象予報士・森田正光氏は、こう語る。

 千年猛暑—。まさに今夏はその言葉にふさわしく、日本全国、とにかく暑い。

 8月12日には高知県四万十市の江川崎観測点で、気象庁の観測史上、日本全国で最高記録となる41度を記録。同市では4日も連続で最高気温が40度を超える超異常事態が続いた。

 他にも山梨県甲府市で40・7度(全国歴代5位)、甲州市で40・5度(同8位)、千葉県茂原市で39・9度(同19位)など、記録的な高温が各地で観測された(順位は8月14日現在)。

 四万十市に最高気温の歴代1位の座を奪われた埼玉県熊谷市でも、1週間以上連続の猛暑日となる、とんでもない状況だ。

 総務省消防庁のまとめでは、この夏(5月末~8月11日)に熱中症で救急搬送された人の数はなんと3万9944人で、去年の同時期より30%も増加。しかも、そのうち約4分の1にあたる9815人が、8月5日~11日のたった1週間で次々と病院に運ばれたのだという。