[裏方NAVI]
中村一知(巨人・グラウンドキーパー)<後編>「内海、ファーム時代の努力」

 今から10年近く前のことだ。練習後のジャイアンツ球場では、中村一知らグラウンドキーパーたちによる整備が行なわれていた。その中にひとり黙々とピッチングフォームの確認をしているピッチャーがいた。入団間もない内海哲也だった。中村の脳裏にはその姿が今も焼き付いている。

「その頃の内海投手はプロに入って、まだ1、2年目だったと思います。チームの練習が終わった後も、誰に言われるでもなく、よくひとりで残って練習していましたね。印象的だったのは、レフトとライトのポール間をシャドウピッチングしながらフォームをチェックしている姿です。おそらくポールを軸にして、身体のブレや腕の位置などを細かく確認していたんだと思います。いつも一番遅くまでやっていました。これはおそらく、グラウンドキーパーの僕らしか知らない姿かもしれませんね」

 今や内海は、押しも押されもしない巨人のエースである。今年6月16日にはプロ通算100勝目を挙げた。
「プロに入っても、一軍で活躍できるのは、ほんの一部の選手。それほどプロは本当に厳しい世界です。だからこそ、内海投手のように一流の選手は皆、陰で人一倍、努力をしているんです」
 ジャイアンツ球場には、そんな選手たちの汗がしみこんでいる。

 そのジャイアンツ球場の整備という仕事を、中村はプライドをもってやっている。グラウンド状態はもちろんのこと、ラインにもそのプライドが詰め込まれている。
「例えば僕が、他の球場に観戦に行った時、職業柄、どうしてもグラウンドの状態を見てしまうんです。『こういう整備の仕方をしているんだ』とか『そういうふうにラインを引いているんだ』とか。だから、もしかしたらジャイアンツ球場に足を運んでくれるお客さんの中にも、グラウンドの細かいところまで見ている人がいるかもしれない。その時、歴史あるジャイアンツの球場だというのに、ラインが曲がっていたり、いい加減な整備をしていたら、ジャイアンツの看板を汚すことになる。そういう重要な仕事なんだと、プライドをもってやっています」