[高校野球]
佐野慈紀「将来ある高校球児たちを守れ!」

 今年の高校野球も多くの熱戦が繰り広げられ、非常に盛り上がりましたね。準々決勝は全4試合が1点差ゲーム、そのうち2試合が延長戦でした。そして前橋育英(群馬)と延岡学園(宮崎)との決勝も1点差の接戦と、見応えがありました。高校野球の魅力を再認識した方も少なくなかったでしょう。私も十分に楽しませてもらいました。しかし、その一方で高校野球の問題点を改めて感じた大会でもありました。それは指導者のピッチャー、とりわけエースに対する依存度の高さです。

 例えば、初戦の好カードとして注目されたセンバツ優勝校の浦和学院(埼玉)と仙台育英(宮城)との1回戦。浦和学院の先発は、2年生エースの小島和哉投手でした。この日の小島投手は明らかにいつもとは違いました。制球力があるはずの彼が、初回の1イニングだけで5四死球を出し、打たれたヒットは3本にもかかわらず、6失点を喫したのです。2回以降は落ち着きましたが、終盤に入ると、またも四死球が増え出しました。そのため、投球数は8回を終えた時点で180球を超えていたのです。

 そして最終回、1死を取ったところで、小島投手は足が痙攣して投げることができなくなりました。マウンド上で懸命に屈伸をして、なんとか続投しようとする小島投手の姿はあまりにも痛々しく、同じピッチャー出身としては早く降板させてあげて欲しいという気持ちで見ていました。準々決勝で敗れた常総学院(茨城)のエース飯田晴海投手も、足の痙攣で降板しました。彼は初戦から全て一人で投げ抜いてきた疲労が出たのでしょう。それでも治療後に一度はマウンドに戻って続投しようとしました。しかし、やはり痙攣はおさまらず、2球投げたところでマウンドを後にしました。将来ある身であり、まだ身体が完成されていない10代の選手たちに痙攣が起きるまで投げさせた時点で既に問題であるはずなのに、痙攣が起きてもなお、続投させようとしたことに、私は正直、怒りにも似た気持ちになりました。

 今春のセンバツでもピッチャーを酷使したことが問題になったことを覚えていらっしゃる方も少なくないでしょう。準優勝した済美(愛媛)の2年生エース安楽智大投手が全5試合を1人で投げ抜き、通算の球数は772球にものぼりました。これについて国内のみならず、「肩は消耗品」という考えの米国からも疑問の声があがったのです。その際、「高校野球には球数制限が必要なのでは?」という意見がありました。私自身は、この意見に賛成です。今大会で、さらにその気持ちが強くなりました。