本当に読んでから批判してる!?「はだしのゲン」問題を批判する新聞社はこの残虐シーンを紙面に載せられますか

2013年08月26日(月) 高橋 洋一
upperline

第1部は商業漫画誌「少年ジャンプ」に掲載された。しかし第2部は、掲載時期はそれぞれ異なるが、左派系オピニオン雑誌「市民」、日本共産党機関誌「文化評論」、日教組機関紙「教育評論」にわたっている。要するに、第1部は子供も読む漫画誌の連載だが、第2部は一部政党色の強い大人だけが読む機関誌が舞台だったのだ。

 掲載誌の読者が大きく異なる上に、担当編集者の考えも違うだろう。「はだしのゲン」の作者が編集者の意向あわせるとはいわないが、当然、対象読者向けになってしまうだろう。その違いが、第1部と第2部の間の差になっているのだ。

 朝日新聞など全国紙が展開している批判についていえば、「はだしのゲン」はすでに出版されているのだから、表現の自由は確保されていることは明らかだ。それと小中学校の図書室において教育教材とすることの是非は区別すべきである。

 

「はだしのゲン」の第1部はすばらしい。しかし、第2部には、小中学生に対する教育教材には疑問と思える記述もある。その漫画中のセリフと描写を抜き出すと以下の通りだ。

「首をおもしろ半分に切り落したり」、

はだしのゲン7 Kindle版(中沢啓治)中央公論新社150ページより

 

「銃剣術の的にしたり」、

「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊をひっぱり出したり」、

「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」

漫画なので当然なのかもしれないが、こうした描写が旧日本軍による蛮行としてなんの出典も示さずに描かれている。

 これらのセリフと描写についても賛否はあるだろう。ただし、上のセリフと描写を社説で松江市教育委員会を批判している新聞は自社の紙面に掲載できるだろうか。とてもできないだろう。朝日新聞など全国紙の社説では、こうした点がまったく言及されていない。テレビもこの描写は放映できないだろう。映画化だって、R18でなければとても無理だろう。

こうした事情を考えると、「はだしのゲン」は第1部だけを小中学校の図書室で自由に読めるようにするとのいうのも一案だろう。

次ページ ただし、もっとも重要なことは松…
前へ 1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事