雑誌
人気ドラマ『半沢直樹』と同じ世界で生きています そしてみんな飛ばされる… 現役銀行員匿名座談会本当はこんなに怖い「銀行員のお仕事」
数百人の同期がいても役員になれるのは、ほんの一握り。ほぼ全員が関係会社に〝出向〟になるのが銀行員〔PHOTO〕gettyimages

出世レース、派閥争い、パワハラ、当局との軋轢—。どんな組織にでもありそうな話だが、とりわけ銀行はえげつない。ドラマ『半沢直樹』のリアルな世界をメガバンク行員が赤裸々に語り合った。

責任はなすりつけるもの

関東メガA 半沢直樹は5億円の融資の焦げ付きを見事に回収して、彼を陥れようとした支店長を逆にマニラに出向させたね。もちろん、ドラマだから過剰な演出も目立つけど、本当の銀行の世界では、あれ以上に陰湿な責任のなすりつけあいが行われている。

関東メガB かつて、うちの英国の支店で、ドラマと同じく5億円の損失が発生したことがあったんだけど、責任を取らされたのは現地の外国人社員だけだった。案件に関与した担当課長、担当副支店長、担当支店長の誰一人として責任を取ろうとはしなかったね。それどころか、担当課長は自分の関与を隠蔽しようとさえしていた。

関西メガC ドラマにも出てくるけど、『部下の手柄は上司のもの。上司の失敗は部下の責任』を地で行くような話だね(苦笑)。

関東メガB 当時は合併した直後くらいでね。5億円の損失はこちらのラインで起きた話なので、あちらサイドからは「ざまあみろ」みたいな目で見られて、本当に悔しかったなぁ。

関西メガC そういや、だいぶ前だけど、1000億円規模の海外での損失隠しを命じられた都市銀行役員が心労のためか、会議の席上に脳出血で倒れて帰らぬ人になったじゃない? あれは、りそな銀行だったか。

関東メガA 合併前のことだけどね。亡くなった役員についてはマスコミに「戦死」と報じられたが、あれは無理難題を上役から押しつけられたあげくの「過労死」だよ。

 結局、我々にとって出世に一番影響があるのは、やっぱり、損失や不良債権処理の問題だね。

関西メガC そう、貸したカネを焦げ付かせてしまえば、すぐ本店に知れ渡るし、上司の出世にも影響が出るし、本人の出世の道は閉ざされかねない。

関東メガB メガバンクは旧行間でポストを争っているから、上司たちは自分や出身母体に責任が及ぶのがいやなわけ。オレがある不良債権案件を処理しようとしたら「お前、余計なことすんなよ。オレたち旧○○銀行の責任問題になるだろ!」と怒鳴られたことがある。自分の保身のために処理すべき案件を処理したがらない姿勢には、心底怒りを感じたね。

関西メガC だいたい、銀行という組織自体が不平等にできている。

 たとえば学閥。半沢が勤める東京中央銀行は慶応閥が比較的強い某都市銀行がモデルと言われているけど、うちは東大閥と京大閥が主流で、人事を含めて行内ではこの2大派閥が主要ポジションを握っている。要は入行時点から、その人物がどこの大学出身かによって、その後の出世コースがあらかた決まっているようなものなんだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら