[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「ライアン小川をマネた中継ぎの田村」

ドラフト候補・又吉の新たな武器

 前期の優勝から一転して後期は6勝13敗2分と借金生活。優勝に貢献した投手陣に疲れが出てしまい、投打のバランスが狂ってしまったのが勝てない原因です。エースの又吉克樹が指のマメを潰し、2週間ほど登板できず、左のセットアッパー後藤真人も肩の軽い炎症のため、しばらく大事をとって休ませました。離脱していないピッチャーも暑い夏場に来てボールにキレを欠き、ここ一番で打たれています。

 僕たちもプロである以上、最後は結果がすべてです。よく「結果論で片付けてはいけない」と言われますが、結果が出ないのは出ないなりの原因があります。言い訳をせず、課題や問題点ときちんと向き合うことなしに成長はできません。前期は好成績を収めたとはいえ、まだ1年を通して戦える力が備わっていなかった点は僕も含めて反省すべきでしょう。

 首位の徳島に早くもマジックが点灯し、後期優勝は厳しい状況ながら、まだ9月末にはリーグチャンピオンシップが待っています。そこまでにチーム状態を上げ、10月の独立リーググランドチャンピオンシップ、みやざきフェニックス・リーグを経てのドラフト指名へとつなげていかなくてはなりません。練習ではフィジカルはもちろん、技術面でも各自がさらなるレベルアップを図っているところです。

 又吉に関しては新球の習得に取り組みました。それはフォークボールです。又吉は、これまでも紹介してきたようにサイドからキレのあるストレートとスライダーを投げます。ただ、強いていえば縦の変化球がほしいと感じていました。特に左バッターのひざ元やアウトローに落とせれば有効ですから、後期に入ってからは試行錯誤しながら、そのボールを見つけていきました。

 実はマメができて戦線を離れたのは、新球の練習をしていた影響です。おかげで、ここに来て一番、しっくりくるフォークの感覚をつかんできたように映ります。実戦復帰してからは、このボールを効果的に使って好投していますし、より磨きをかければNPB相手でも十分通用する武器になるでしょう。