政治は結果責任である! 猛暑の夏の後、安倍首相にのしかかる重い課題
〔PHOTO〕gettyimages

猛暑が続いている。日本の夏は、35度を超える気温が普通のようになってしまった。55年以上前の夏休みに、私が子どもの頃に書いた絵日記が残っている。私の郷里は福岡県北九州市であるが、連日28度くらいで、30度を超える日は希にしかない。この半世紀で、7~8度も気温が上昇したことになる。これが、地球温暖化ということであろうか。

当時は、普通の家にはエアコンなどなく、扇風機だけが頼りであったが、風通しをよくし、打ち水をするなど、涼を求めるための生活の工夫もあった。自然も豊かで、緑陰もあり、今のようにアスファルトやコンクリートに囲まれてはいなかった。都会のヒートアイランド現象は、豊かさの追求がもたらしたものである。赤道直下のインドネシアで夏を過ごしたとき、東京よりも涼しいと感じたくらいである。

国民・国家に対する責任感が希薄な現在の政治家

その酷暑の中、戦後68年目の8月15日を迎えた。先日、宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』を観た。零戦の設計者堀越二郎の生涯と、堀辰雄の小説『風立ちぬ』を混ぜたフィクションであるが、貧しくも緑豊かな1910年代から1945年までの日本が描かれている。中国や韓国で、宮崎駿監督が零戦設計者の映画を作ったのはけしからんという批判もあると聞くが、私は、むしろ戦争の虚しさを痛感させる作品だと感じた。