[ボクシング]
杉浦大介「フィリピンの英雄が迎える“危険な復帰戦”」

~マニー・パッキャオvs.ブランドン・リオス展望~

絶対に負けられない戦い

 昨年12月8日、場所はラスベガスのMGMグランドガーデン。マニー・パッキャオがファン・マヌエル・マルケスから浴びた右カウンターは、近年のボクシング界で最も衝撃的なKOパンチとして記憶されていくことになるだろう。

 マルケスがパッキャオをキャンバスに送り込んだ6ラウンドの一撃で、さまざまなものが失われた。1999年以降は1度もKO負けがなかったパッキャオの不倒記録、フロイド・メイウェザーとのメガファイトが近未来に実現する可能性、そして、フィリピンの英雄がまとっていた不可侵のオーラ……。半ばフィクションじみた快進撃を続けていた現代の怪物ボクサーはついに轟沈し、私たちボクシングファンも現実の世界に引き戻されることになった。

リオス戦はパッキャオにとって約11カ月振りのリング登場となる。Photo By Gemini Keez

 あれからすでに半年以上が経過し、パッキャオの復帰戦が正式に決まった。

 これまで54勝(38KO)5敗2分のキャリアを積み上げてきた6階級制覇王者は、11月23日に中国のマカオで元WBA世界ライト級王者のブランドン・リオス(31勝(23KO)1敗1分)と対戦する。

「まだ僕には力が残っているよ。リオスを対戦相手に選んだのは、ファンが望んでいる試合を見せたかったから。みんなエキサイティングなファイトが好きで、リオスは打ち合う選手だからね。まだまだキャリアを続けたいし、諦めるつもりもない。負けることがあっても、立ち上がってまた戦えばいいんだ」

 8月6日にニューヨークのチャイナタウンで記者会見に臨んだパッキャオは、リオス戦への意気込みをまくしたてた。

 マルケスにKO負けを喫する前の2012年6月にも、パッキャオはティモシー・ブラッドリーに際どい判定負けを喫している。このブラッドリー戦は“疑惑の判定”と呼ばれ続けるいわく付きのファイトではあったとはいえ、結果的には2連敗。その後を受けて行なわれるリオス戦が、絶対に負けられない試合であることは言うまでもあるまい。