[自転車競技]
白戸太朗「人ごみでロードレースを!」

選手のスピードを身近で感じる

「ロードレース」はなぜ「ロードレース」と言うのか? それはもちろん「ロード=道」で行うからである。普段、一般市民が行きかう道を、その日だけは自転車やランナーがコースとして使うのだ。一方、本来の道ではない公園や、港などのクローズド・スペースで開催されているレースは、本当の意味での「ロードレース」ではないのかもしれない。

 なぜロードレースは、トラックやサーキット、バンクという場所で行われるものと違うのか。それは、自分たちが普段、行き交う道が競技の場として使われている。そういった日常性と非日常性の融合にあると思う。選手たちが見慣れた街並みを走って行くのを見て覚える親しみと連帯感。「あの坂ってキツいんだよな」なんて思いながら、選手のスピードに感心するあの感じだ。

 一方で、生活感のあるところで非日常的なレースが開催されることに刺激されワクワクしたりする。サーキットでのレースも面白いが、モナコグランプリが楽しいのはそんなところに魅力があるわけで、ツール・ド・フランスは、街から街へと走って行くところに面白さが倍増されているはずだ。

認知のために見やすさが大事

レースを初めて見る人も興味津々

 さらに、観戦しやすいというのも大いなる魅力。人里離れた場所に行くのではなく、いつもの街中で観戦できる便利さがある。ヨーロッパなどでは、バールでワインやお茶を飲みながら観戦するというのがスタンダード。お年寄りでも、子供連れでも、時間がたくさん取れない人でも十分に楽しむことができる。途中で帰ったり、途中から見に行くこともできるという気軽さが売りなのだ。

 どこにだって見に行くというようなマニアなファンはともかく、「興味はあるけど」程度の軽めのファンであっても観戦できるので、盛り上がりやすい。つまり競技を見てもらうという観点からしても適しているのだ。

 しかし、残念ながら日本国内のサイクルロードレースは、クローズド・スペースで開催されることが多く、かなり「ロードレース」と呼びにくい状況にある。マニアなファンには見てもらえるが、一般人からは疎遠な存在になってきたのが実情である。国内最高峰の日本選手権ですら、関係者とファンがパラパラという有様。海外レースがTVで放映されているというのに、国内レースはどこか別物のようになっている。

 もちろん、そんな中でも厳しい状況を打破すべく行動している人たちもいる。宇都宮で開催されている「ジャパンカップ」は、もともとトップクラスの海外選手が沢山参加する大会として人気があったのだが、駅から20㎞以上も離れた山の中の開催でのため、熱心なファン以外、見に行く人はいなかった。

 しかし、数年前から多くの人に見てもらおうということで、宇都宮駅前で周回コースを作ってクリテリウム(市街地で行う短い周回コースを回るレース)を開催している。これにより今までレースを見に行かなかった宇都宮市民が観戦する機会が生まれ、3万人を超える観戦者を集めている。