東南アジアとアメリカ東海岸のハイブリッド!? 今年シンガポールに生まれた理想のカレッジ「Yale-NUS」を視察してきた
Yale-NUSカレッジのキャンパス内 (筆者撮影)

現代の賢人はシンガポールに住むべき!?

今後多様な人材を輩出しそうな理想のカレッジに、アジアの中心地で出会った。今年開学したばかりの「Yale-NUSカレッジ」である。300年を超える歴史を誇り、5人のアメリカ大統領を生んだアメリカの名門・エール大学と、今やアジア№1といわれる総合大学・国立シンガポール大学がタッグを組んで生まれた、新しいリベラルアーツカレッジを先日、この目で見てきた。

2007年にニューヨークからシンガポールに居を移した高名な投資家兼作家ジム・ロジャースは、「あなたが1807年に賢明だったらロンドンに住むべきであった。あなたが1907年に賢明であったらNYに住むことを選ぶべきであった。もしあなたが2007年に賢明であったら、シンガポールに住むべきだろう」と語った。このジム・ロジャース氏もエール大の卒業生だ。

前日にシンガポール大学関係者に視察希望を打診したというショートノーティスにもかかわらず、シンガポール大学リークワンユー公共政策大学院のキショー・マブバニ学長のお嬢さん、シェイラ・マブバニさんが案内してくれた。彼女は2年前にエール大学を卒業し、今はこのカレッジのアドミッションオフィサーをやっている。

彼女はこのカレッジで働くに最適な人物である。シンガポール政府の国連大使を長く務めたお父さんの影響でNY暮らしが長かった彼女は、人生の半分をシンガポールとアメリカ東海岸で過ごした。このカレッジと同じ、東南アジアとアメリカ東海岸のハイブリッドである。そんな彼女の大学受験はエール大学一本だったそうだ。

「早期出願で合格していたからですよ」と謙遜するが、この一途さは潔い。彼女曰く「学部生を大切に扱ってくれるのはエールだと思いました。だからエールに落ちたら同じく学部生を大切にしてくれるブラウンを考えていました。悪いけど、エールのライバルといわれるハーバードは考えませんでした。これは私見ですが、ハーバードはどちらかというと大学院を大切にしている大学だと思います。ロースクールやビジネススクールに行くならいいでしょうけど」ということだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら